トイザらスを破綻させたアマゾンとの10年契約

あのトイザラスが破綻したのですね~びっくりしました。

経済紙で調べてみました。

トイザらスを破綻させたアマゾンとの10年契約

2000年、アマゾンとトイザらスは10年契約を結びました。

かつて玩具業界の巨人と言われたトイザらスが9月18日、

米連邦破産法11条の適用を申請して破綻しました。

負債総額は約52億ドル(約5800億円)と報道されています。

アマゾンでの玩具の売上が、2016年に四半期あたり40億ドル

までに膨らんだ一方で、トイザらスは2013年以降、

利益を生み出せていませんでした。

ただし、トイザらスにも失地回復のチャンスはあったのです。

もう少し早めに手を打っていれば、このような結果は

避けられたかもわかりませんでした。

世間がドットコムバブルに沸いた2000年、アマゾンとトイザらスは

10年契約を結びました。

アマゾンとトイザらスの10年契約とは・・?

アマゾン上でトイザらスが唯一の玩具の販売業者となる契約でした。

そして、トイザらスの公式サイトをクリックするとアマゾン内の

トイザらス専用ページに飛ぶ仕掛けになっていたのです。


この取り組みは当初、アマゾンとトイザらスの両社にメリットを

もたらすと見られていました。

契約は、どうなりましたか・・?

アマゾンはその後、トイザらスが十分な商品を確保できていないことを

理由に、他の玩具業者らをサイトに招き入れ始めました。

トイザらスは2004年にアマゾンを提訴し、10年契約を終了させました。

その後のトイザらスの動きが遅すぎました。

そして2006年に自社サイトを立ち上げました。

その間にウェブのビジネスをアマゾンに奪われてしまいました。

アナリストは「彼らは未来を譲り渡してしまった」と述べています。


トイザらスは今年5月になってようやく、Eコマース事業の

立て直しに向け、今後3年間で1億ドルを投じるとアナウンスしました。

彼らの取り組みは遅すぎたのでした。

破産申請を行ったトイザらスは今、同社のブランド名の存続を

目指してはいますが、「トイザらス」の商標は今後、

他のオンライン業者の客寄せの看板として利用されることになるかも

しれません。


最新の統計では米国人の90%が今も実店舗で買い物を楽しんでいます。

小売業者を破滅に追い込むには、残りの10%が実店舗での購入を

やめるだけで十分でした。

米国では今年に入り、靴の販売のペイレスシューソースや子供服の

ジンボリーらが相次いで破産しました。


トイザらスがもっと早く、大きな投資をウェブ向けに行っていれば

この事態は防げたはずです。

トイザらスもまた他の小売業者と同じ破滅への道を歩んでしまったのです。

アラ還の独り言

結局、急激に来ているEコマースの時代の流れに飲み込まれてしまった

のですね。

量販店は、インターネットショッピングをする為のカタログになって

しまっているので、そこで現物を確かめて、インターネットで

最安値を見つけてクリックして買うというのが主流になってしまうのが、

あまりにも早くきてしまってるので、まさか、あそこが潰れるなんて・・

というようなお店が破綻してしまうのですね。

これも超現実世界ですね。

改めて時代の流れが半端なく早い事を再認識する新聞記事でした。

ちゃんと情報を早く、自分で取りに行って、時代の波に乗りましょうね。

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする