2025年問題は団塊の世代が・・

私が通ってる「脳科学」の教室で、「師匠」が「2025年問題」の話を話されました。

その話はこちらでも、してますので、こちらをご覧下さい。

2025年問題とは?

写真

昨日のニュースで、定年が「80歳」になると言われてたそうです。

この前に「家を買う?」の話もしていましたが

そのお話は、こちらをご覧ください

人口統計から推測するに(野村総研より)

今、現在の空き家率が

2017年・・・13.5%

2019年・・・16.9%

2023年・・・21%(5軒に1軒は空き家!)

私が毎朝、通っている「脳科学」のスクールは年齢が下は、中学受験の10歳の小学生の男の子から上は75歳の「認知症対策」で通われている男性までの「老若男女混合」の大変ユニークな編成になっております。

だいたい、こういう話題の時は「師匠」は、「小学生」に質問をされます。

「将来、家が空き家ばかりになるのに、家買うのが損か得かどっちと思う?」

「自分やったら、どうする?」と言うような聴き方をされます。

そこで「小学生」に答えを出して貰って、また「話」を進行されて行きます。

今日は、その「小学生」は「買わないです」と言ってくれました(笑)

そうですよね、小学生でも、分かり切った話なのですよね。

今から、この一番高い時にお金持ちなら別ですが、タワーマンションのペントハウスを買ってどうするねん!の話なのですよね(笑)

ちなみに、「師匠」は「小学生」に「絶対に簡単にローンを組んだらあかんで・・」とも言われていました(笑)

彼らは賢いので、その意味もきっと解るのだろうと思います・・

話は戻りますが・・(笑)

2023年には1404万戸が空き家になるのだそうです。

団塊ジュニアが・・・

団塊ジュニアというのは、団塊の世代の方々が産まれたお子様の事です。

年代で言いますと1971年~74年生まれの方々になります。

2021年・・・団塊ジュニアが50歳をむかえる

2020年・・・東京オリンピック

2025年・・・団塊の世代の方々全員が75歳以上になる

そして今から8年後には3600万人以上が65歳以上になります。

人口分布で言えば・・

2025年は人口が1億2066万人

0~19歳・・・19%

20~64歳・・54%

65~74歳・・12%

75~  ・・18%

まとめ

・2023年には空き家率が21%、5軒に1軒は空き家になる

・2025年には団塊の世代が全員75歳以上になる

・2021年には団塊の世代ジュニアが50歳以上になる

・今から8年後には3600万人以上が65歳以上になる

アラ還の独り言

最近、私は「訪問介護」の仕事を始めました。

今は、身障者の方の生活援助に行かせていただいています。

やはり、1人暮らしなので、週に2回のデイサービスで、後は家で過ごしておられます。

訪問ヘルパーが朝、夕方、夜と入っています。

近くに娘さんがおられるので、少しは安心です。

一日テレビを観ていますと言われています

もう少し人間関係が出来たら、何かしてあげたいなと思っていますが、

1時間の契約の中では、掃除(掃き掃除、拭き掃除、お弁当の準備、お味噌汁作り、曜日によっては、足浴、薬塗り、洗濯物の取り込み、食事のかたづけ、お薬服用の確認)などと、あっと言う間に時間が過ぎてしまいます。

今日のテーマのように、65歳以上の人が増えて行くと「老老介護」というのも、問題になってきますね。

定年が80歳ということは、「元気で、いつまでも、働いて下さいね」というのも、メッセージなのでしょうが、実は、こういう政府の施策には裏のメッセージが有る事を皆さん理解しておきましょうね。

ここには「年金を、そう簡単には、あげないよ・・」という裏メッセージが有るのですよ!

とにかく、長生きも元気が一番ですよ。

アラ還世代の皆さま!

我々も一度自分の生き方を見直す時に来ているのですよ。

お互いに頑張っていきましょう!

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする