植物性繊維の注意点や加工について

今日は植物性繊維の注意点や加工に付いて調べてみました

綿の欠点・注意点

・膨潤収縮

水に濡れると強度が増しますが、同時に繊維が、ふやけて直径が増し、織物

「膨潤収縮」を起こしやすいです。

綿やレーヨンなどの植物を原料とする繊維(レーヨンは木材パルプから

作られています。)は、とてもよく水分を吸収するため夏の素材としても

快適です。

しかし、水分を吸いこむことによって繊維が太くなり太くなった分だけ

縮んでしまいます。

これを専門用語で「膨潤収縮」といいます。

この収縮はプレス作業によって回復することができますが、デザインや

生地の構造によってはユガミになったり、完全に修復できないことも

あります。

極端な例ですが、レーヨンと同じ木材パルプを原料とする紙製品が水に

濡れた場合、元の形や風合いに復元することが困難なことにもにています。

また、飲料水や雨水がレーヨン生地についただけでシミになってしまう

ことがあります。

これも繊維が水を吸い込んだことによって、水に濡れていない部分と構造に

変化ができてしまうためで、特殊な水処理によって復元する技術が必要

です。

綿織物の防縮加工の代表的なものとして、予め地詰めを行う

「サンフォライズ加工」や、形態安定加工として、液体アンモニアと樹脂を

使用した「SSP加工」やホルマリンガスを使った「VP加工」などが

あります。

・「サンフォライズ加工」

生地が縮まないようにする防縮加工のひとつで、サンフォライズド加工

とも呼ばれています。

あらかじめ強引に縮めることによって後から洗濯などで縮まないように

する方法です。

アメリカのサンフォード・L・クルーエット(Sanford Cluett) が

考案し、サンフォライズという名がついています。

 
特殊な加工方法というわけではなく一般的によく用いられる方法で、綿織物

防縮加工といえばこのサンフォライズ法か、樹脂加工(レジン加工)

用いられます。

原理はこう考えると分かりやすいです。

同じ長さの2枚の生地を重ねて棒に巻いていくと内側の生地が長くなって

しまい、巻き取った端が揃いません。

これは外周と内周に差が出るからですが、この時、外周の生地を伸び縮みの

しない、すべらない生地にすると、内側の生地と外側の生地がずれることが

出来ないので巻き取った端は揃うことになります。

この時、内側の生地は強引に縮められているというわけです。

実際のサンフォライズ加工の装置では、棒と表現したものは過熱した

シリンダで、伸び縮みのないすべらない生地と表現した部分はゴムベルトや

フェルトブランケットが用いられます。

縮めた状態で固定するには蒸気や熱が利用されます。

縮ませる量は、あらかじめ生地がどのくらい縮むか収縮率を計っておいて、

その結果をもとに決めます。

原理からも分かるようにサンフォライズ法は生地の縦方向の防縮加工

です。 

横方向はクリップテンターやピンテンターで幅出しする際に適切な幅にする

ことによって縮みを防ぎます。

・「形態安定加工」

洗濯後干しておくだけでシワが伸び、アイロンが不要(ノーアイロン)

という事で一世を風靡したのは1993年頃からでした。

この加工で代表的なのは、この2つの加工です。

1.VP加工(VaporPhase):東洋紡

縫製されたシャツにホルマリンガスを浸透させ、強固なメチレン結合を作る

ことにより形態を安定させます。

2.SSP加工(SuperSoftPeachPhase):日清紡

生地を液体アンモニアと樹脂で加工・縫製。

その後高温で熱処理(ポストキュアー)をすることによって形態を安定

させます。

全般として、加工の良し悪しで形態安定性が変わるためメーカー間で差が

あるのと、縫製不良も形態安定で残ってしまうため、高い縫製技術が

必要とされます。

形態安定加工シャツはクリーニングには不向きなのです

通常のクリーニングは、半乾きの状態で高圧プレスし強制的にアイロン

乾燥をします。

実は、これが形態安定シャツの衿とカフスにダメージを与えています。

形態安定シャツは、生地がシワにならないように加工されているだけで

なく、衿やカフスに芯地と接着されてシワが出ないように加工されて

いるのです。

この芯地の糊は高温に非常に弱く、「バブリング」といって部分的に剥がれ

て気泡ができたり、衿が曲がり反り返ったりするなどのトラブルが発生する

場合があります。

また芯地は収縮率も高いため、さらに問題が大きくなるのです。

形態安定加工ワイシャツは、家庭洗濯を基本にして作られているため、

クリーニングに出すことは、シャツへの負担が高く寿命を縮めるので

お薦めできないのです。

・「シルケット加工」

綿を引っ張りながら苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)という薬剤で処理する

と、絹のような光沢が得られます。

さらに、染色性の向上、吸湿性の増加、寸法の安定、強力の向上など様々な

性質がレベルアップします。

このように、綿繊維を丸く真っすぐにして絹の様な光沢と風合いを付加する

加工を「シルケット加工」といいます。

1844年にイギリスの科学者 ジョン・マーセルによって発見された

もので、マーセリゼーションと名づけられたのですが、日本では、

絹のような光沢を得られることから「シルケット加工」と呼ばれています。

・綿・麻素材の毛羽立ちは洗うと目立つ

綿・麻・テンセルなどの植物系繊維は、着用中の摩擦によってより細かい

繊維に分裂する性質(分繊化)があります。(フィブリル化)


素材が綿・麻・テンセルで、濃紺や黒などの濃色の生地は、摩擦によって

分繊化すると、毛羽立ちが目立ちます。

毛羽立ちが発生しやすいのは、衿周り、肩、脇、ヒジ、袖口、ヒザなど

です。

また、ポケットに物を入れておくと、ポケットの下辺に当たる部分も擦れる

ことがあります。

分繊化した繊維は大変細かいので、毛羽立ちというよりも、白く色抜けして

しまったように見えることが多いのです。


クリーニングする前の生地の表面は、排気ガスの油煙や皮脂などの油汚れに

よって全体が覆われています。

このことから、摩擦されて分繊化した細かい繊維は、整髪料のグリースで

押さえつけられたように生地の表面に張り付いています。

(グリース化)

しかし、クリーニングによって表面の油汚れが落ちると、風呂上りの髪の

ように起き上がり毛羽立ちが目立つようになるのです。

・強酸に弱く、穴あきや破れを起こす事がある。

塩素系漂白剤などが付着したり、酸化漂白の繰り返しにより脆化・損傷

 起こる事がある。

汗と日光の複合作用により変褪色を起こしやすい

セルロース系繊維に使用される「反応染料」は、湿度の高い所に保管され

 ていたりすると「加水分解」を起こし、汗や雨に濡れただけで「色泣き」

 を起こす事がある。

色泣きとは・・?

bleeding.jpg

洗濯や雨で衣料品が濡れた場合、染色部から白場や淡色部に染料が移動して

色が泣き出したように見える現象を色泣き、またはブリードと言います。

色はどのように移るの?

色が移る現象には2種類あり、汚染とブリード(色泣き、にじみ)

分けられます。

汚染とは、溶剤により溶出した染料が他布(添付布)へ染着すること、

又は、摩擦により他布へ染着することを指しています。

ブリードとは、繊維間の毛細管現象により、湿潤部から乾燥部へ溶剤が

移動するのに伴って、遊離染料が移動して生じた汚染現象のことを

いいます。

なぜ色移りが起きるの?

様々なケースが有るのですが、その中でも「ソーピング(洗い)不足」が
最もよく起こる原因の一つになります。
染色する際に染料を使用しますが、使用した染料全てが繊維と結合する
わけではありません。
この結合しなかった染料を一般的に「未固着染料」と言い、下図のように
繊維上にただ単に乗っているだけのイメージになります。
後のソーピング工程(洗い工程)で未固着染料をしっかりと洗い
落とさないと(いわゆるソーピング不足やソーピング不良になると)、

後々トラブルに繋がる可能性が高くなります。mikochaku.jpg

アラ還の独り言

クリーニングのお勉強会に参加してきました。

最近は、アパレル業者さんが、夏物なのに、水で洗えないとか、ドライ

クリーニングにも出せないとか、の洋服が増えているそうです。

先生も言われていましたが、色泣きとか、変色とかがアパレルメーカーとの

トラブルの元になったりして、ヨーロッパの一流ブランドなどは、

大変強気で、文句を言うなら、そんな人にグッチなどは、着て貰わなくて

良いという強気な態度だそうです。

先生は、個人的な見解として、日本人は無理して買ってる人がいるので、

クリーニング業者に文句を言ってくる人が多いそうです。

しかし実はアパレルメーカーのデザイン重視なお洋服、先ほども

言いましたが、洗濯機でも洗えない、ドライクリーニングでも洗えない

というお洋服が原因になってる事が多いそうです。

私のお店の店長さんはフランス語も話せてシャネルの本店にクレームの

交渉に直談判に行かれて勝ってきた(笑)メーカー側に文句を言わせ

なかった能力の高い女性です。

また彼女にいろいろなお話を教えて貰いたいと思います。

クリーニングでボタンが欠けたりしてもオリジナルなボタンを作ってる

アパレルは超強気で、日本人は文句を言う国民性がないので、なめられて

責任をメーカー側にとってもらえなくてで泣き寝入りするケースが

多いそうです。

今度は、最近のお洋服に付いているお洗濯の表示のお話しをしたいと

思います。

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする