運動会

「運動会」

良いですよね、この響き・・・アラ還ともなると我が子供は大きくなってしまったので無縁になっていて、もう行くことはないかなと思っていました。

早朝のマインドフルネスのスクールに「小学生」の可愛い子供達(と言っても難関の私立中学校を目指すために彼らは通っています)と縁が出来たので「生」で感動したくて運動会に呼ばれていませんが私、アラ還は行ってきます(笑)

運動会の思い出

私は小学校の頃は身体が弱くて何か有ると扁桃腺腫らして高熱出して学校は休みがちな子供でしたので「運動会」で自分が主役になったなどの思い出は全く無く(笑)もっぱらリレーに選ばれた選手の応援をしてました。リレーなんて大嫌いで脚の速い友達などは「最初はスタートダッシュして最後にまた力を出すねん」とかアドバイスしてくれるのですが、私なんて「ゴール迄走り切れるのだろうか・・・」と言うのが毎回毎回の課題でしたので彼女のアドバイスなんて全く理解不能でした(笑)だいたい野球とかも、ルール知らなかったしソフトボールしても、打ってどちらに走るかさえも知らない程のスポーツ音痴でした。バレーボールで頑張ってたので中学からは、何故か運動神経は急速に良くなって私は体育委員とかに選ばれたり憧れのリレーにも出たりスポーツ賞も貰ったりして当時の昔を知ってる自分は、まるで映画を観てるようで「えっ、マジ?あの私やで・・・」と、いつも思ってる自分がおりました(笑)

今でもその時の事は鮮明に覚えていますよ。初めてリレーに出た時のドキドキ感、半端無かったです。私の小学校の時の運動音痴を知ってる男子が「お前、抜かされたら殺すぞ!」とか言ってくるし「あんたが代わりに走ってくれよ」と心から思ってました(笑)でも、初めてのリレーの順番待ちの場所にいる私・・・「こんな景色なんやったんやな」って感じてました。そんな事を思ってたら、すぐに順番がやって来ました。彼女が笑顔で2番手で帰ってきてくれて私に繋げてくれました。「抜かされたら殺す!」と言った憎たらしい男子の顔も浮かんでくるし・・・必死でした。

「絶対に抜かされずに2番目に帰ってくる!」と思って走りました!お陰様で(笑)その通り帰ってこれたので憎たらしい男子に殺されずにすみアラ還リーチまで、こうやって生き延びております。

今と昔の運動会事情

今は差別が良くないとかで比べる様になる事は、なるべくしない風潮になってるとか聞きますが、昔は勉強が出来ない青鼻垂れてた(今となっては青い鼻垂らしてる男の子なんて「絶滅危惧種」どころか、いないのでちびまる子ちゃんに出てくるキャラクターで想像して貰うしかないのですが・・)

男の子でも「運動会」になるとリレーでアンカーになって、ゴボウ抜きして大スターになる子とかいましたよね。これも古き良き時代でしょうか。でも大きくなってから知ったのですが、その子達はリレーで、ちゃんと走れるようにお父さんとずっと実は早朝にランニングしてたとかスタートの練習してたそうです。マジにビックリしました。昔から努力してた子供は努力してたんですね・・・

アラ還の独り言

マインドフルネスの早朝コースは土曜日とか日曜日、祭日に小学生とか高校生が参加されてて老若男女が入り混じった面白いクラスです。10歳から65歳までの方々が一緒にお勉強しています。因みに小学生はマインドフルネスのスクールに来る前と後では彼らの姿というか進歩の状態が半端なくて、我が師匠がまだ現役の小学校の教師の時から指導されてる子供達なのだそうですが勉強も運動も普通だった少年が、みるみる師匠に依って自信を持ち成績も難関中学をお受験出来るまでになり運動の小学校最後の6年のリレーでなんとアンカーを走るまでになられてるのですよ!凄くないですか?私は生の感動を味わいたいので行ってきます。彼の人生の1コマを全く親戚でも何でもない私が一緒に時を共有させて貰える事に感謝してボチボチ「運動会」に向かいますね。「行ってきま~す!」

今日、出逢った皆さんに感謝。そして、私にもありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする