小旅行

久しぶりに仕事でしたが、鳥取と米子に行ってきました。その小旅行のお話を聴いてください。

久々に鳥取、米子に一泊ですが、お仕事で行ってきました。久しぶりです。行く時は新大阪から車に乗せて貰って4人で行って、帰りは美人の仕事仲間のN美ちゃんと二人で米子から高速バスに乗って帰ってきました

私の友達

昔は米子お化粧品のお仕事で通っていた事が有りましたので、米子のバスを降りたら境港から、美意識の高い80歳近いおばあちゃんのお友達が、ちゃんと「軽」に乗ってお迎え来て頂いてました。それはそれは田舎の無い母親のいない私には実家に帰るとは、こんな感じなんやろうなって嬉しくて少し照れ臭くて・・みたいな気持ちでした。

また、「泊まれ、泊まれ」と「おもてなし」大好きで、ご飯お料理も、お上手で、またも、本当にセンスが良くて素敵な食卓でした。トイレットペーパー1つにも拘りが有って凄く良いバラの香りのロールを見つけて来られて全てにお洒落な方でした。「境港弁」も可愛くて、「そうなの?」というのが「そげか~?」なので、「そうですよ」が「そげそげ」でしたね(笑)

もう1人90歳代の美意識高いおばあちゃんの、お友達もおられました。その方は「笑顔良し」の方で昔は保険の仕事をバリバリされてて米子で一番年金を貰ってるとか、言われてました。フラダンスが好きで、いつも、それを意識されてお洋服を着ておられて、毎日可愛い「かつら」を被られてて、いつもお洒落をされてました。福岡でお洋服を調達されてるそうです。「ここらは、田舎じゃけ、ろくなものは、ねえ~」と言われてました。「私と一緒にファションの話を出来る、おばあは、ここらへんには、いねえじゃけえのう~」「みんな私にはついて、こられんのよ~」と真剣に悩んでおられました(笑)

鳥取も米子も、交通手段はと言うと「車の生活」で、どこに行くのも「車」なので、1人に1台の車が必要です。その話を聴くと、正直地方の人の方が都会の人より断然お金持ちやなぁ~と驚いてしまいます。それと地方の高齢者の方が達者やなぁ~と思います。田んぼや畑のあぜ道を、びゅんびゅん飛ばして走りぬけて我が道のように通り過ぎる車が多いです。怖いですけど・・(笑)

米子の、先ほどの2人以外の若い(笑)お友達が神戸に来ると、お洒落な場所に行きたいと言われるので元町や三ノ宮センター街をご案内するのですが、米子では出掛ける時は普段なら玄関開けたら直ぐに「車」に乗って目的地まで、必然的に車なので歩かない生活してるので都会に出て来ると私がスイスイと歩いて連れまわすので、中々ついていけない感じです。本当に疲れるそうです。都会の人の方が、よっぽど歩く生活してるみたいです。

よく考えたらDAIMARUでも、そごうでも、ワンフロアーは、そこそこ広いので、例えばそごうを地下から9階まで見て、それから、センター街を通ってDAIMARUを地下から8階まで案内したら1万歩は軽く超えると思います。そんな事を考えたら、やはり都会の人の方がよく歩いてますよね。そこは健康的な生活なのかな?(笑)

道の駅

鳥取の少し前に「清流茶屋 かわはら」という道の駅が有ります。行った時はハワイアンスチールギターのイベントをしていました。ハワイアン有り演歌有り・・なんとも落ち着く音色でした(アラ還世代より少し上の世代かな?)そこで、順調に車も流れてて早く着いたので、1時間程スチールギターリクエストなんてさせて貰させて貰い、わらび餠なども頂きながら落ち着いて、ゆったりとした時間を過ごさせて頂きました。そこに誰が名付けたのか「あなばコーヒー」があります(名付け親は私の知り合い・笑)アフリカのコーヒーだったかな?濃い目で美味しかったですよ。

鳥取から米子に向かう途中に白兎海岸を通ります。雨が降ってて波も高くて「思わず、石川さゆり冬の日本海の世界!」と全員が思いました。「やはり日本海は違うよなぁ~」というのが全員の答でした。そうなったら、「やはり日本は凄い国やんねぇ~」みたいになりますね。さっきまでハワイアン聴いてたのに、いきなり演歌の世界が映像と共に私達の目の前に飛び込んできているのですから、「マジ凄い!」です。

白兎海岸

白兎海岸は、昔淤岐ノ島に流されたうさぎがワニザメをだまして気多の崎まで渡ろうとしたが、だまされたことに気がついたワニザメに皮をむかれて苦しんでいる時に、大国主命が通りかかり「真水で身体を洗い、ガマの穂にくるまっていなさい」と言われ完治したという神話「因幡の白うさぎ」の舞台といわれています。(鳥取県観光案内より引用)

道の駅を、お名残惜し気に出発して、それからオープン時のお客様来店新記録を出した「スナバコーヒー」も通りました。

そして日本で一番最後にオープンした「スターバックス」も教えて貰いました。

お昼は美味しい回転すしに連れて行って頂きましたが、つぶ貝とかコリコリして、こちらでは食べれない歯ごたえでしたね。

1日目の夜は決起集会みたいでドバイの様子を映像を見ながら話をして貰い皆で盛り上がりました。

翌日は私たちはバスなのですが、バスに乗る寸前まで美味しい篭盛りのお弁当を頂きました。

米子から今回は高速バスに乗って帰ってきました。今回は難波に到着する遅いバスでしたが、運転手さんが、飛ばす飛ばす(笑)お友達は最初はそれが、怖くて寝れなかった~と言われてましたが、私が見た時は大変お美しいお顔をされて寝ておられたので大丈夫でしょう~(笑)

アラ還の独り言

私はバスの中でブログを書こうと頑張ってたのですが、テザリングが他の人のDoCoMoの電波をひらってしまって、40分も接続にかかってしまい、トイレ休憩で閉じて帰って来て開いても、また同じ事になってしまって、かなり頑張りましたが、諦めました!そして目を瞑っていたら、またアナウンスがあったので、またトイレ休憩かと思ったら、もう難波に着いてしまってました。

仕事も充実した楽しい2日間でした。お陰様で楽しく過ごせました。関係者の皆さま、本当にありがとうございました。鳥取はお米もお魚もお野菜も本当に美味しくて大好きです!

全ての事に感謝です。

今日、出逢った皆さんに感謝。そして、私にもありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする