バツ2イヴの夜に乾杯!

この「アラ還チャレンジブログ」は、バツ2リーチの女性が自分の人生を

本気で変えると色々な事にチャレンジしていくとなっているのですが

、いよいよ・・(笑)

バツ2になります!

明日は離婚裁判結審の日です。

古い話になりますが、後に総理大臣になられた、「小渕官房長長官」が

「昭和天皇」ご逝去された時に、新しい時代に変わるので、

「平成」という新しい年号を書かれた半紙を持ってテレビで

発表されたのを、今の主人と仲良く一緒にテレビを観ていまた。

月日は流れ、それから、なんと30年という歳月が流れてしまいました。

色々な物が、変わっていきました・・・気持ちも変わっていきました・・・

そして、いよいよ、私は、明日、その30年になりますか・・

時を共に歩んできた、その主人と離婚する事になりました!

というか・・明日の離婚裁判で離婚が成立するのです(笑)

別居して2年過ぎました・・・

別居した原因は何でしたが?

最初は、主人が私の友達と浮気した、それも、又、私の別の友達と 

2回目やで・・・という事からのショック、一番信じていた2人に

裏切られた事のショック、彼女の亡くなったご主人を

看取ったのは私ですよ・・それなのに・・悲しいというか、

そんな事が、また、私の前で2回も行われた事実に、

怒りが爆発しました。

前回も主人と友達の裏切りでした。

前回に私の別の友達との浮気が、発覚した時・・・それは、

私がガンの手術を受けて退院した直後でした。

その時のショックは、本当に凄くて、ほとんど卒倒しそうでした。

ばれた翌朝、主人は朝に女の元に出て行って、

夕方に別れて帰ってきました(笑)

アホかと言われると思いますが、その時は、私は許せたのです。

「遊びやな」と言うのが、私は感じれたのです。

それに、私が、まだ、主人の事が好きだったのです。

それが、大きな理由でした。

2年を経て離婚に踏み切れた理由は何ですか?

人生絶対に変えると思ったからです。

将来に希望が見えたからです。

自分を信じようと決めたからです。

絶対に大丈夫と思えたからです。

自分を後押ししてくれる色々な出逢いが有ったからです。

私自身の時間が勿体無いからです。

バツ2イヴの夜に乾杯!

今夜は、近くに住むお友達に、今日のお昼の弁護士さんとの、

打ち合わせの中で、私が明日に離婚成立する条件を妥協したので(笑)

決まったと話をしました。

そしたら、まだまだ、新しいお友達なのですが、「乾杯しよか?」

「ホワイトワイン」「KIRIのクリームチーズ」「乾杯!」を、

してくれました。

本当にありがとうございました!

KIRIのクリームチーズの、この上なく美味しく感じられたことを

私は生涯忘れる事はないでしょう・・・(笑)

新しい優しいお友達に感謝です。

こういう人との出会いが私には、有るので、私は生きてこれたのです。

生きていけるのです。

アラ還の独り言

現実には、厳しい経済状況の中にいますが、私には、明るい未来しか、

見えていません!

弁護士さんが、言われた

「ご主人と、お友達の、お二人が、奥さんにされた事が、

余りにも酷すぎる!」

という言葉のままに動いて、2人を恨んだりしてきていましたが、

私が、「「脳科学・マインドフルネス」の「師匠」に出逢った事」

「勉強しだして、本を読んだりしてる事」、そこで、

「様々な人に出逢ってる事」「そこで良い影響を受けた事」

「痩せた事」(笑)「綺麗になってる事」(笑)、

「ブログを始めた事」、「転職した事」、「歩いてる事」、

「自信を持たせて貰った事」「エフィカシーが上がった事」

「自分を大切にしようと思った事」

そんな色々な事が有り、今からの人生を楽しく笑顔で

笑って過ごす為には、過去の執着を早く手放さなければ・・

時間が勿体無い!と今日、心から、思ったのです。

もう、しょうもない事に時間を取られたくないし、

煩わせられたくないのです。

なので、明日は、綺麗にして裁判所に行きたいと思います(笑)

新しい私の第一歩であります!

本当に様々な人生経験をさせていただいて、主人にも彼女にも

感謝ですよね(笑)

何でも持っているお金持ちの彼女が、何も持っていない、

何も無い私から全てを奪い取ろうとしている事も、不安から来ていると

思うので、

「そんな心配しなくても、良いよ、熨斗を付けてお渡しします」

の心境でしょうか・・?(笑)

「明日からの私、待っといてよ!」です。

「ワクワク感、満載です!」

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、本当に、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする