コンサート

玉置浩二さんのコンサートに、ご招待を受けて行ってきました。アラ還世代も多かったですよ。

コンサートに行ってきました

大阪フェスティバルホールでした。新しくなったホールは綺麗ですね。何回かは来ていますが、昨日は「座席が木の椅子で出来ているので音響効果が良いですよ」とか色々教えてくれる人と一緒だったので「そうだったのか、フェスティバルホール!」の感じでした。コンサートが始まって最初からスタンディングで3曲ほどはライトが上から降り注ぐ感じでキラキラと幻想的で綺麗でした。

瞑想と同じ感覚・・

何処かへ持っていかれそうな感じ・・・「あっ!これって毎朝のマインドフルネスの瞑想と同じやん!」瞑想が、段々段々と深くなって行くと頭の中が白~く、キラキラに包まれた感じがして気持ちが良くなって彷徨いたくなってくる感覚になるのですが、正にその感覚なのでした。マインドフルネスを始めてから初めてのコンサートだったので、こんな感覚になった事は今まで無かったのですが、幻想的なライトに天井が高いのも加味されて余計にその雰囲気を醸し出してる感じでした。

「あなた、こっちの世界(どっちの世界?)が解ってるんやね。玉置浩二さん・・」メジャーなミュージシャンは、やはり、そうなんですね!?というのが正直な私の感想です。師匠に聞くと「音楽の方が先で、そういう世界を彼らは解ってるので、むしろ逆なんですよ」と教えてくれました。「へぇ~」「今やっと、アラ還の私は解りましたよ。恐るべし音楽の世界!」の感じです。

世の中、知らない事たくさん有りますね。何でも深く入って行けば、そちらの世界に行ってしまうのですね。本当に、そんな感じになってしまうのですね。というのがマインドフルネスのお勉強して、そこと私は繋がってしまってる経験が有るので、コンサートに行ってリンクを自分で体感出来たので身を持って理解出来ました。

立ち飲みのお店

コンサート終わって軽く食事して駅に向かう途中に、ついつい足を止めて入ってしまう様なお店(簡単に言うと酒飲みの好きそうなお店です・笑・)見つけてしまいました。はい、「立ち飲み」のお店です。鳥取と兵庫県がコラボしたお店です。もう遅かったので「お食事は無理で飲み物もラストオーダーですが良いですか?」と言われましたが、もちろん「大丈夫です!」食事してた時の話が「ドーパミン」の話でしたので、その地点で私は「ドーパミン」がドバドバ(笑)出てたので楽しい日本酒の立ち飲みになりました。私がお手伝いにたまに行く北野坂のお店も、最近日本酒を置きだしました。

昔の話になりますが、父親と和食のお店に行った時に父親に「日本酒飲んでみる?」と言われて緊張しながら初めて飲んだ時の私の一言は「えっ?奈良漬と同じ味やん!」でしたよ(笑)私は小さい時から「奈良漬」が大好きで、特に「すいか」の奈良漬が大好物でした。なので、日本酒は「美味しい~」物であると私にはインプットされています。お酒も本当にたまにしか、いただきませんが最近は和食が美味しいですよね。あっ、中華料理に紹興酒も美味しいし、アヒージョにワインもよろしいですね~(笑)

楽しかった鳥取と米子の思い出

鳥取と先ほど出て来ましたが、私は仕事で鳥取米子島根に行ってた時が有りましたが、本当に良い街ですよね。今もたまにお世話になりますが、まず、1番にも2番にも食べ物が本当に美味しいです!蟹の季節に、この数年は行けてませんが今年は行きたいと思います。

私はハムとかも大好きなのですが、大山のインターで休憩した時にお土産にと喜び勇んで買いに降りたのですが、私のお目当ての「大山ハム」のコーナーは「えっ?」なんと、どこにも無い・・!それは、それは大ショックでした!(笑)ホワイトハムにソーセージにベーコンにと色々思ってたのに、お目当ての物どころか、コーナーさえ無かったのですよ。「有り得ない!」インターも小さくて、しょぼかったので、ダメでした・・その土地の人は美味しい「大山ハム」の価値が解らないんですかね~。

高速バスでも三ノ宮から片道3400円位だったと思います。夜行なら2700円です。鳥取の3400円は値打ち有ると思います。「遠い所まで来たな~」という感じがしますものね。車なら車内で盛り上がってたら2時間30分位で到着するので、「あっ!」と言う間です。境港も行ってたなぁ~。そこのお友達のお家が大きくて素敵で、ほぼほぼ80歳位の女性でしたが、センスが良くて器の趣味が私と合って、よく色々な場所に連れて行って貰いました。

夏に鳥取に行った時は大きな大きなスイカが販売されてて「大栄」のすいかだそうで有名なブランドスイカだそうでした。お魚も新鮮で安いですよね。

鳥取の私のお友達は、とても腕の良い整体の先生です。お仕事も一緒にしたりの仲です。元々もう10年程前に同じ会社の別の支社にいて表彰式か何かで一緒になり、そこからのお付き合いなので、長いと言えば長いですね(笑)彼は「ジモティー」(地元の人)なので美味しいお店は網羅されてて自分も美味しい物が大好きなので「パトロール」と称しては、夜な夜な出没されておられます。

フェイスブックにも美味しいお酒と共に羨ましい程のお料理の写真をアップされています。そんな時は「どらえもん」の「どこでもドア」があれば良いのになぁ~と思う瞬間です。最近は願えば叶うので絶対に近々鳥取に行くぞ!

今日、出逢った皆さんに感謝。そして、私にもありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする