醍醐寺の五体力さんが凄いらしい

先日、凄い鑑定の先生を紹介して貰って、私が行くべきお寺とか神社を

教えて頂きお参りしてきたのです。

その話は、こちらでどうぞ。

醍醐寺の五大力さんが凄いらしい

2月23日に五大力さんがあります

その凄い鑑定のM先生から、お電話がありました。

先生が「2月23日に五大力さんが醍醐寺であります。

日本で一番凄い力を発揮されますので、お札を代わりに貰ってきます」と言っていただけました。

五大力さんとは・・

最上無比の権儀

「五大力さん」と申しますのは、醍醐寺開山以来一千有余年の今日に

至るまで毎年二月二十三日に醍醐寺の祖師である、理源大師聖宝の

遺訓に則って、上醍醐五大堂等に於いて修行せられてまいりました

「仁王会式(にんのうえしき)」の大法要を中心とする

醍醐寺最大の宗教行事であります。

この五大力本尊仁王会は、現在は下醍醐金堂で修されておりますが

、真言密教秘奥の大法義であって、いわゆる七難即滅

(しちなんそくめつ)、七福即生(しちふくそくしょう)の

一大祈祷を行う最上無比の権儀(ごんぎ)であります。

五大明王の総称

経説によりますと、この大法会(だいほうえ)のご本尊

「五大力尊」は、「不動明王」(中央)、「大威徳明王」(西方)、

「軍荼利明王」(南方)、「降三世明王」(東方)、

「金剛夜叉明王」(北方)の五大明王の総称で、

衆生済度(しゅじょうさいど)のご請願の勝れた仏様方でございます。

この仏様を信仰すれば、昼夜をとわず影が形に従うが如く寄りそって、

その人の御身を守り、家を護り、あらゆる災難を払い除け、

その身は無事息災、一家は安泰隆昌(あんたいりゅうしょう)

になるようご加護下さるのです。

「御影」が凄い

ご本尊「五大力尊」の分身「御影(みえい)」は、

七日間二十一座に亘る前行でご祈祷され、二月二十三日当日限り

授与されるのであります。

この「御影」は盗難は勿論、身に降りかかるあらゆる災難を

除けて下さるご利益が顕著であることからご信心の人々があとを絶たず

、二十三日は早朝から夕刻まで、「御影」を求めて全国から

訪れる人の列が途切れることがありません。

このようなあつい信仰の歴史の中で、五大力本尊仁王会も

しだいに「五大力さん」と親しみと畏敬をこめて呼ばれる

ようになったのです。

大威徳明王

大威徳明王

軍荼利明王

軍荼利明王

不動明王

不動明王

降三世明王

降三世明王

金剛夜叉明王

金剛夜叉明王

この御影は、ご本尊「五大力尊」の分身として、昼夜をとわず影の形に

従うが如くその人の御身を守り、家を護り、あらゆる災難を払い除け、

その身は無事息災、一家は安泰隆昌になります。(醍醐寺ホームページより)

醍醐寺へのアクセスはこちら

交通のご案内

京阪バス《山科急行》で、京都駅から醍醐寺まで、乗り換えなしで約30分!

※京都駅八条口(ホテル京阪前)から醍醐寺まで、大人300円・小児150円

★詳しくは下記サイトをご覧ください。

京阪バスのホームページ

電車でのアクセス

*JR京都駅から、JR東海道本線(琵琶湖線)または湖西線約5分で山科駅。京都市営地下鉄東西線に乗り換え、約10分の「醍醐駅」で下車。

*JR奈良線・六地蔵駅、京阪六地蔵駅で地下鉄東西線に乗り換え、約5分の「醍醐駅」で下車。

バスでのアクセス

時刻表のダウンロードはこちらから

* バス停「醍醐寺」下車

・京都駅八条口から

ホテル京阪前(山急醍醐寺ゆき乗り場)所要時間:約30分

 

* バス停「醍醐寺前」下車

・JR山科駅から

1番乗り場(22,22A系統乗車)所要時間:約20分

 

*京阪六地蔵駅から

2番乗り場(22,22A系統乗車)所要時間:約15分
※JR六地蔵駅からの場合は、「JR六地蔵」バス停から乗車(22,22A系統)

◆地下鉄醍醐駅から徒歩でのアクセス

◆マイカー・大型バスでのアクセス

〒601-1325 京都市伏見区醍醐東大路町22    総本山 醍醐寺    
TEL:075-571-0002/FAX:075-571-0101

(醍醐寺ホームページより)

アラ還の独り言

私は、醍醐寺が「世界遺産」であることもお恥ずかしながら、知りませんでした。

先生は、この五大力さんの力は、日本一なので、守って貰えばよいですよ。

と言われてました。

今年は先生にお願いしましたが、来年は自分で行ってみたいと思います。

先生のお勧めのお寺に行ってこうなりました。

寝屋川の成田さんにも、お参りに行けていないので、近々行ってきますね。

その時はブログでお知らせします。

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする