大雪警報で東京は大変です!

ニュース見てますが東京と思えない程の景色になっています!

大雪警報で東京は大変です!

日本列島は22日、本州の南岸付近を低気圧が発達しながら通過した影響で、関東平野部など広い範囲で大雪となりました。

東京都心は午後9時現在、21センチの積雪を観測しました。

鉄道では運休や遅れが生じ、空の便では欠航が相次ぎました。

気象庁は同日午後、東京都心などに大雪警報を発令しました。

交通機関の乱れや路面凍結による転倒などに警戒するよう

呼びかけています。

雪が降る中、歩く人たち(22日午後、JR東京駅前)

気象庁によると、午後9時の積雪は前橋市で29センチ、

横浜市で18センチ、埼玉県熊谷市で16センチなど。

都心の雪のピークは午後6時から同9時ごろとみられます。

東京都心で積雪を確認したのは2016年11月24日以来で、

大雪警報が出たのは14年2月14日以来、約4年ぶり

となりました。

本州の太平洋側を急発達しながら東に進む「南岸低気圧」が

22日夜、伊豆諸島を通過しました。

気象庁担当者は「南岸低気圧が当初予想より南側を移動し、

冷たい空気が関東南部まで流れ込んだため、首都圏の降雪量

が増えている」と分析します。

雪の影響で行列ができたタクシー乗り場(22日午後、東京都豊島区)

東日本では23日明け方にかけて大雪となる見込みです。

23日午後6時までの24時間予想降雪量は、多いところで

北陸地方50センチ、東北、関東甲信、東海地方で40センチ、

近畿地方で20センチ。

関東地方南部でも20センチが予想され、東京23区は10センチ

となっています。

南岸低気圧の通過した23日以降は冬型の気圧配置が

強まります。

気象庁によると、週末の27日ごろにかけて日本の上空に

今季一番の強い寒気が流れ込むそうです。

北日本から北陸地方の日本海側では大雪や強い風が吹く

見込みで、暴風や高波にも警戒が必要だそうです。

雪が舞うなか公園内を歩く人(22日午後、東京都千代田区)

25日の東京の予想最高気温は5度、名古屋や大阪、福岡は

4度と今週は全国各地で厳しい冷え込みが続きます。

24~25日にかけて、名古屋や福岡などでは降雪の恐れも

あるそうです。

(日本経済新聞より抜粋)

「大雪の方程式」とは?

冬にこうした南岸低気圧が通り、雨ではなく雪になるほど

十分に気温が下がるには、いくつか条件があります。

まず、当然ですが日本付近に寒気が入りやすい状態でなければ

なりません。

そして、その寒気の勢力がかなり南にまで及ぶ必要が

あります。

同時に、太平洋岸の海水温がそこそこ高く、かつその影響が

強すぎて気温を押し上げることがあってはいけないのです。

すべてを満たすのは結構大変ですが、単純化すると

大雪の方程式」は次のように書けます。

「大雪」=「ラニーニャ」+「北極振動(極渦)」+

「黒潮大蛇行」+α。

まず、ラニーニャは熱帯太平洋の東部の海面水温が平年より

低く、逆に西部は高くなる現象です。

熱帯の大規模な上昇気流や下降気流の生じる場所が変化し、

それが上空の偏西風に影響を及ぼして日本付近に寒気が入り

やすくなります。

昨年から7年ぶりに、かなりはっきりとしたラニーニャが

起きており、気象庁や米海洋大気局は、いまがほぼ最盛期と

分析しています。

こうして寒さが厳しいという条件が整ったところに、

日本の南岸に沿った海流である黒潮の影響が加わり、

いっそう雪の降りやすい条件をつくり出している可能性が

あります。

黒潮は九州から房総半島付近にかけての本州の南岸沖を

通り、その後は東へ向きを変えて日本から離れるのが通常の

流れです。

しかし、昨年、東海沖で大きく南に曲がる「黒潮大蛇行」が

12年ぶりに発生し、現在も続いています。

過去のデータの統計解析や、海と大気の間での熱のやりとり

などの計算から、南岸低気圧のコースは黒潮の影響を

受けることがわかってきています。

暖かい黒潮の近くを好んで通るそうです。

この法則に従えば、大蛇行が起きている場合は、普段よりも

本州から少し南に離れたところを低気圧が通りやすく

なります。

低気圧の東側では暖気が北上し、気温は上昇するから、

低気圧があまり陸地に近いところを通ると雪ではなく雨に

なります。

適度に陸地から離れていた方が雪が降りやすい。

現在の状況はまさに「適度」と言えそうです。

こうしてみると、「大雪の方程式」はほぼ成立しそうです。

ただし、「+α」という変動部分があるのを忘れては

いけません。

ごくわずかな風の変化、地形の影響などが重なり、

地上の気温が1、2度ぶれます。

東京では気温が1度未満ならおおむね雪ですが、

2度程度だと雪の可能性は半減してしまいます。

ただ、日本を覆う寒気は「+α」を考慮してもおつりが

くるくらい強力なので、気象庁も「」の予報をかなり自信を

もって出しました。

仮に途中でみぞれや雨が混ざっても、降った後の寒さは

かなり厳しくなります。

特に朝の通勤時間帯は路面や鉄道のポイント凍結などに

注意が必要です。

気圧の谷の後ろに控える寒波はこの冬一番の強力な

ものなので、23日以降は晴れても朝晩を中心にかなり

冷え込みます。

日陰に残った雪などが凍結を繰り返し、滑りやすい

かもしれないので、しばらくの間気をつける必要があります。(NIKKEI STYLEより抜粋)

アラ還の独り言

天気予報のボキャブラリーにも、難しい言葉色々有るのですね~

「ラニーニャ」や、「黒潮大蛇行」とか、「大雪の方程式」とか、

一体凡人には、「何のこっちゃ?」です。(笑)

ニュースを見ていると東京とは思えない景色でした。

八王子など26㎝の積雪と言ってましたよ。

大雪は18時頃が一番のピークで、午後3時~4時には、会社では、

早く帰宅するようにとアナウンスが有ったそうで、18時には帰宅が

一斉に重なって駅では入場制限が有ったのがテレビで放映されてました。

新橋や銀座ではオーストラリアから来た観光客が、「雪合戦」を

されてたそうです。

雪などは、見た事がない雪の無い国の方々には、素晴らしい贈り物に

なったことでしょうね。

「前にも、こんなニュース有ったよな」と思ってたら、あれは、

もう4年前だったそうですよ・・(笑)

有り得ない・・もう、あれから4年も経ったのですね・・

人生変わったわ(笑)

「アラ還」頑張るしかないよね!

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする