マインドフルネスで扁桃体をどう説明しますか?

先日の早朝の「脳科学・マインドフルネス」のスクールの授業で

久しぶりに「扁桃体」のお話が有りました。私が一発

ご説明いたしましょう!(笑)

マインドフルネスで扁桃体をどう説明しますか?

感情を作り出す場所「扁桃体」の大事な機能

脳の中で、感情の形成に関わる部位のうち、一番重要なのは

扁桃体(へんとうたい)」です。

扁桃体」は、脳の左右にある神経細胞の固まりです。

アーモンドのような形をしているので、扁桃(アーモンドの和名)

という名前がついたと言われています。

扁桃体は、何かを見たり聞いたりしたとき、それが生存に関わる

重大なものであるかを一瞬のうちに評価します

感情を司る器官です

感情には、ものごとを「評価する」という機能があります。

好ましい対象には好意的な感情、好ましくない対象には

不快な感情が発生し、それによってその後の行動が変化します。

感情を作り出す中心的な働きをするのが、「扁桃体」です。

「ヘビ」で説明しましょう

例えば、ふと目の前に、「ヘビ」のようなものが見えたとします。

ヘビだ!」と意識が気づくより早く、映像が目に飛び込んでわずか

40ミリ秒後には、扁桃体が興奮しているのです。

これはやばいぞ!」と評価したのです。

その結果、体はとっさに逃避体勢をとります。

同時に、心の中に「嫌悪感」という感情がこみ上げてきます。

それで私たちは「ぎゃっ!」と叫んで飛び退くことになるのです。

つまり「感情」とは、「扁桃体」が下した評価を体に伝える

メッセージなのです。

命に関わるような大事な判断を伝えているのです。

そして「扁桃体」の反応は、スピード優先であり、生き物のしくみ

としては、何より「生存」が優先なのです。

扁桃体には、「強烈な情動」とそれに関する「記憶の断片」とが

結びついて保存されていると考えられています。

扁桃体に情報が伝わると、

緑色でドクロを巻いている物体」=「ヘビ」=「危険」=「緊急事態

という、恐怖の連想ゲームを始めるのです。

扁桃体の興奮を抑える前頭前野の働き

扁桃体の興奮を抑えるのは、前頭前野(ぜんとうぜんや)の働きです。

前頭前野」は、脳の前方に広がる領域で、理性や論理的思考を行う場所です。

ここが扁桃体にブレーキをかけるのです。

ヘビ」の例でいうと、動物園で「ヘビ」を見た場合は、山の中で

遭遇したときほど恐怖を感じないと思います。

これは「前頭前野」が「動物園だから安全」と状況判断して、

自動的に扁桃体を抑えているためです。

前頭前野 VS 扁桃体

このように、私たちの脳内では、常に、

「前頭前野(理性) vs 扁桃体(恐怖)」

という綱引きが繰り広げられています。

ただ、これまでのところ、健康な成人の脳であったとしても

「扁桃体(恐怖)」が勝ってしまうケースが多いようです。

つまり、ただでさえ、人は、恐怖や不安に支配されやすいのです。

考えてみると、様々な人間関係のトラブルも、紐解いていくと、

「恐怖」という感情が発端となって、「不安」や「怒り」を

生んでいるケースがほとんどですよね・・・

たとえば、

  • パートナーの浮気を疑ってしまうのも、「別れて孤独になること」への恐怖からだったり・・・
  • 上司が部下を怒鳴りつけてしまうのも、「上司がその上司から怒られること」を恐れているからだったり・・・
  • スーパーではしゃぐ子どもを叱ってしまうのも、「周りの他人からの視線」を気にしすぎているからだったり・・・

しかも、ただでさえ、そんな脆い「前頭前野(理性)

の機能は、ストレスや加齢によって、いとも簡単にダメージを

受けてしまうようなのです。

「マインドフルネス瞑想」の役割

前頭前野」の機能を鍛えることができれば、感情のコントロールが

できるようになり、人間関係や職場でのストレスやトラブルも、

上手く乗り切ることができるようになる・・!

そう思いませんか?(笑)

実は、マインドフルネス瞑想の訓練が、この「前頭前野」の

注意コントロール機能を強化できるらしい、ということが、

科学的に実証されつつあります。

(「MINDNESS MUSIC」より抜粋)

「恋愛」と「うつ」で「扁桃体」を説明しましょう

「恋愛」の場合の「扁桃体」

恋愛」を例にとって説明してみましょう。

今まで何にも感じていなかった異性に対し、ある日突然、

あ、好きかも」と感じたことはないでしょうか?(笑)

そして、これはどうしてそう感じたのだと思いますか?

結論から言うと、それは相手の何気ないしぐさに突然、

胸がドキドキ」したり、「顔が火照ったり」「胸キュン

したからなのです。

こういう身体感覚が起きたからこそ、扁桃体は「好き」

という感情を発生させたのです。

そして、身体から良好な信号が脳に送られると、脳内には無意識に

好ましい顔表情イメージ」が作り出されます。

好ましい顔表情イメージ」のフィルターを通してその異性の顔を

見るので、実物以上に「ハンサム」に見え(笑)または実物以上に

かわいく」見えるのです(笑)

「恋は盲目」「あばたもえくぼ」という心理状態はこのように

作られるのです。

「うつ」の場合の扁桃体

では、うつ・メンタル不調の人はどうなっているのでしょうか?

こういう人は、恋愛の時とは逆に一定の刺激にすぐに

身体緊張」が起きやすいという特徴があるのです。

頭痛、肩こり、腰痛、胃痛、顔のこわばりなど、うつ・メンタル不調

になりやすい人はこうした身体緊張を全身に持っています。

そしてネガティブな身体信号が脳に送られることで、

扁桃体」は「不安や恐怖」「嫌悪感」のマイナス感情を感じさせる

嫌悪系顔表情イメージ」が作られます。

このフィルターを通して周囲の人の顔を見るので、うつ・メンタル不調

をかかえる人は、周りの人がすべて自分にとって「怖い存在

に見えたり、「」に見えたりするのです。

よって仕事で何か問題を抱えた時に、気軽に周りの人々に

相談できなくなり、気軽にアドバイスを求めることができないために、

一人で抱えてダウンするということになるのです。(「ヘルスUP」より抜粋)

扁桃体ハイジャックとは・・?

異様に興奮して感情的に理性が効かなくなる状態の事です。

具体的には、扁桃体は・・・、

ストレス反応を起こす

視床下部」へ命令し、ストレスホルモンを分泌させます。

その結果、血圧や心拍数が上昇したり、筋肉が緊張したりといった、

自律神経の反応が起こります。

これが、いわゆる

Fight or Flight Response(闘うか逃げるか反応)」です。

注意回路をハイジャックする

大脳新皮質の「注意回路」をコントロールします。

その結果、「ヘビ」に注意が集中し、「ヘビ」に関する記憶が

蘇ってきます。

感情として意識する

一次体性感覚野」が、身体で起きている自律神経の反応を感知し、

緊急事態発生!!」という情報が、「大脳新皮質」を駆け巡ります。

その結果、「恐怖」や「不安」といった意識的な感情という情報が、

生まれ、さらに扁桃体を刺激し続けます。

このようにして、扁桃体が生み出す「恐怖」や「不安」という感情が、

脳と身体を完全に支配してしまうのです。

これこそが、「扁桃体ハイジャック」という状態です。

私の早朝の「脳科学・マインドフルネス」でも「師匠」から

教えて貰いましたが、世界的な大企業のグーグルでも

扁桃体ハイジャック」については、研究、実践されているそうです。

一体、「扁桃体ハイジャック」って何なのでしょうか?

飛行機で言う「ハイジャック」と同じく、ここでは、

コックピットが乗っ取られるのではなく、「扁桃体」が

乗っ取られてしまうのです。

そして、それは、我々人類が、

弱肉強食を生き抜くために受け継がれてきた原始時代の名残とも

言われています。

自分の理性が効きにくくなり、とてもバカな行動をとってしまう。

自分のIQが下がった状態で判断をしてしまうと言う事なのです。

「車の運転」で説明してみましょう。

運転中、とっさに危ない感じで急に割り込まれたりしたら、

普段は冷静な人でも、見境が無くなって、滅茶苦茶に怒り出す人

いますよね?

これが扁桃体にハイジャックされている状態なのです。

でもこの状態は、後で冷静に考えたら

どうしてあの時あんなバカなことをしたんやろうか・・」とか

あの時は、私も、あそこまで言わなくても良かったわなぁ~

と反省したりしますよね。

感情を爆烈させてしまった状態、その時は、

実は「扁桃体」が大きくなって感情のコントロールが

出来なくなってしまっているのです。

「扁桃体」の問題の「解決策」が有ります

マインドフルネスで「扁桃体」が小さくなります。

マインドフルネスを一定期間行うと、この「扁桃体」自体が

小さくなることが研究で発表されています。

つまり、マインドフルネスを行えば行うほど、自分で感情的を

コントロールする事が出来るのです。

扁桃体を制する者は人生を制する

これも「脳科学・マインドフルネス」の「師匠」から、これは

脳科学者たちの、誇大ではない共通の認識」ですよと何回も教えて

貰っています。

扁桃体」を自分でコントロールしながら、つまり感情を爆発させずに

冷静に物事を判断して上手に生きて行く事に

マインドフルネス瞑想

が大事な役目をするので、アラ還世代の皆さまも、

一度お試しになられてくださいね。

やり方は、こちらにあります。

アラ還の独り言

久しぶりのお休みの日に三ノ宮を某会長夫人と、もうすぐ三ノ宮の再開発で潰れて閉店してしまうOPAに遊びに行ってきました。

そこの2Fに、お洒落なアクセサリーショップが有って、そこの店長さんの、大変に綺麗でお洒落な彼女と仲良しに、なったのが、1年前でした。

それから、なかなか会えずにというか、何回かお店をのぞきに行ってましたが、おられなくて、もう二度と会えないのか・・と思っていたら、今日に偶然に店舗に来られたそうで、お会いする事が出来ました。

懐かしいなぁ~」とかお話していて、その当時は、私が、ちょうど「脳科学・マインドフルネス」のスクールに通い始めた所で、彼女にも、キッチリとお話をしていました。

彼女が興味を持ってくれたので、そのお話ばかりしてたのを思い出しました(笑)

ブログも始めてね~とかお話をしたら、是非、読みたいので教えて下さいと、社交辞令だったかも、わかりませんが、言ってくれて、「アラ還チャレンジブログ」です。とお伝えしました。

もうすぐ、1年になるのかな?

スクールに通って、特に6月からは、毎日、早朝に通ってお勉強しています。

継続は力なりで、私に出来る事は真面目に努力する。

これから人生を変える為に頑張る具体的なメンタルを高く維持するための手段が私は、ここだと思っているので、「師匠」を信じて、「自分」を信じてチャレンジし続けていきます。

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする