世界一のクリスマスツリーが神戸で見れます

今日は夕方のニュースで嬉しい夢のあるお話をしていましたので調べてみました。

行ってみたいイベントですよね。夢が有るわ~

めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」は、アメリカをはじめ世界中で報道される、有名なニューヨーク・ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリーよりも大きな、世界一の高さとなる生木のクリスマスツリーを運び、神戸のメリケンパークに立てるプロジェクト。神戸開港150年記念事業の関連事業の一環として行われます。

2017年10月中旬に、あすなろの木が見つかった富山県氷見市で掘り採り作業を開始。その後、あすなろの木は、新幹線やロケット輸送で用いられる特殊車両と大型船によって、富山県伏木富山港を出航後、日本海から瀬戸内海を経て神戸まで1,000km以上の距離を移動します。

その長い道のりを経て、11月17日(金)には、船から直接巨大クレーンであすなろの木をメリケンパークにて植え込む「植樹式」、12月2日(土)にはオープニングセレモニー、そして12月26日(火)までのイベント期間中は、クリスマスマーケットや飲食店の出店や、音楽イベントを予定しています

なお、同イベントを率いるのは、プラントハンター西畠清順。彼はこれまでにも代々木VILLAGEのプロデュースや、「桜を見上げよう。 sakura project」など数多くのイベントを手掛けてきた。巨木の里、富山県氷見市で見つかった推定樹齢150年、全長約30メートル、推定重量40トンの「あすなろの木」が、彼の手によって世界一輝く、夢と希望に満ちあふれた象徴の木として変貌を遂げる。その日が今から待ち遠しい。

皆さんも、彼のプロデュースされた画像などは、きっと、何処かで観られた事は有ると思いますよ。彼の会社の「そら植物園」から少し画像を持ってきました。

 朝日カルチャーセンター 茂木健一郎講座『脳と植物』

日本テレビ『世界一受けたい授業』出演

(詳細)
「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」
植樹式:2017年11月17日(金)
オープニングセレモニー:12月2日(土)
イベント期間:2017年12月1日(金)~2017年12月26日(火)
場所:神戸メリケンパーク
住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2

FASHION PRESSより出典

クリスマスツリーに込めた思い

12月の点灯までは会場で、反射材入りのメッセージカードに観覧する一般の人たちが夢や目標を書いて、木に結びます。毎週末のイベントとして、それらをツリーへ飾りつけるそうです。

ツリーのイルミネーションは最小限のエネルギーを使い、自然の風を利用したエコな演出を予定しています。

キラキラのイルミネーションとはちょっと違うかもしれませんね。

西畠さんコメント

巨木を立てることは古来、鎮魂の意味があり、やるなら神戸しかない。生まれ育った兵庫から、震災の傷痕が残る東北や熊本に希望を届けたい。

 

アラ還の独り言

「良いですね~。」「楽しみですね~」
神戸で、こんな夢の有るクリスマスのイベントが有るなんて久々に嬉しいです!
リアルタイムで夕方のニュースで知った事に感謝です!
丁度、あすなろの木が神戸に到着したというニュースでした。
震災の鎮魂で始まった「ルミナリエ」も、段々と規模が縮小されて、そして「クリスマス」までに終わるという信じられない夢の無いイベントになってしまいましたが、因みに今年の第23回神戸ルミナリエは、12月8日~27日に開催されます。
マスコミにも出られて有名な「西畠清順」さんを仕掛け人に持ってこられたのですね。
ニューヨークのロックフェラーセンターの前のクリスマスツリーは40年前に見た事があります(笑)純粋に夢が有って本当に感激したのをニューヨークの恐ろしい寒さと共に覚えています。
最近はルミナリエも行かなくなって来てましたが、今年は世界一のクリスマスツリーも観に行こうかなと思います。寒い時期ですが、心の暖まるイベントとして参加して皆さんも一緒に行きましょう。
今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。
TO BE CONTINUED・・・
続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする