涙が止まらない お墓参り 心の安定

久しぶりにお墓参りに行ってきましたが、今までと全然違ったのです。そのお話をしたいと思います。

マインドフルネスのスクールで、お勉強をしだして師匠の言われる事は何でもしようと思ってて、ある時、「お墓詣りをしてきたら良いですよ」と言われました。それで私の親、兄弟は天王寺の「一心寺」「骨仏様」として眠ってるので1人でお墓参りをしに行った時が有ったのですが、その時のお話をさせて下さい。

「一心寺」とは?

盆の間だけの施餓鬼法要が年中無休でできる寺として知られ、また宗旨に関係なく参詣や納骨を受け入れる寺でもあったため、全国から多くの納骨が集まった。1851年(嘉永4年)に遺骨数万体を集めて最初の大きな骨仏(阿弥陀仏)を作り、1887年(明治20年)以後10年ごとに集まった納骨で骨仏を作っている。
太平洋戦争期の大空襲で戦前の分は焼失したが、戦後1947年(昭和22年)から骨仏作りを再開(この際、空襲で焼失した戦前分の骨仏の残骸をかきあつめて第七期骨仏として完成)、現在も年中無休で年2万ほどの法要と納骨を受け入れ、10年分をあわせて骨仏が作られている。現在は第七期から第十三期(2007年(平成19年)開眼。1997年(平成9年)から2006年(平成18年)末まで)の骨仏が安置されている。
(wikipediaから引用)

涙が止まらない

境内に入って「骨仏様」の前に行ったときの事です。今までは、沢山の人もおられるのでたた手を合わせて、父親の好きだった「日本酒」をお供えして帰るという感じだったのですがその時は涙が溢れてきて、自分でもビックリするくらいに泣けてきたのでした。そうしたら、どこからか父親の声が聴こえてきたのです。「えっ?」と思いました。

「今日は、よう来てくれたね。ありがとう。」「毎日、ほんまに、よう頑張っとうなぁ~」「そのままで、いいから、ちゃんと見てるから頑張るんやで」と言ってくれたのです。なんか「嘘でしょ・・・?」

ただただ私は「涙が止まらない」「泣きたいだけ泣く」という感じでした。本当に今迄、何の感動も無かったのですよ。それなのに、ただひたすら泣いている自分がいました。本当に驚きの体験でした。

翌日にマインドフルネスの師匠に、お話しすると「そうですよ。あらゆる所が違って来てるので、これからも色々な体感が出て来ますよ。楽しみにしていて下さいね。」と言われました。

2回目のお墓参り

そして2ヵ月して又、夏に行ってきたのですが、その時は一心寺に近づいてきた時から、何故か胸がざわざわというか、いつでも泣ける感じになってきてました。そして、信号一つ前には涙ポロポロ出てきました。

骨仏様の前に行くと涙が止まらない大泣き状態で、そしたら前の様に父親の声が聴こえてきました。「来てくれてありがとう。ちゃんと頑張ってるのを見てるよ」と言ってくれました。でも私は母親の声が聴きたくて、そんな事を心の中で呟いたのです。そしたら「ちゃんと私の近くで見守ってるよ」と言ってくれました。姿を出して近くに来てくれてるというのです。その人が私は解ったので、有り難いな~と思いました。

それで帰ろうとしかけて、しばらく境内を歩いてたら何か忘れ物をしたような感じになって、もう一度戻ったのです。そしたら「今度は娘も一緒に連れてきてね」と言われました。あ~っ、父親は、これを私に伝える為に呼び戻してくれたんやと納得しました。

アラ還の独り言

そんな事が有ったりして私の心は、現実世界には色々な事が正直起こってきていますが、大変穏やかに過ごせております。私は、すぐに落ち込んだり、それを結構引きずったりしていたのですが、マインドフルネス師匠のお導き(笑)のおかげで、私が一番したかった「心の安定」を今、やっと手にしつつあります。

今朝も超越体験を早朝のマインドフルネスのスクールで、してきました。またそれも、お知らせしますね。

今日、出逢った皆さんに感謝。そして、私にもありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする