さくらももこさんのご冥福をお祈りいたします

さくらももこさんのご冥福をお祈り申し上げます。

お別れイラスト.jpg

ニュースを見ていたら、ちびまる子ちゃんの作者の、さくらももこさんが

乳がんでお亡くなりになられたと訃報が流れました。

まだ53歳ということです。

profile image

さくらももこ

Momoko Sakura

漫画家

さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠

いたしました。

(享年53)

これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました

関係者の皆様に深く

感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。

さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、

次のような言葉があります。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家として

とても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」

(『さくらももこの世界展』

「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。

これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり

喜びです。

なお、通夜・告別式は、ご遺族の意向により親族・近親者のみにより執り

行われました。

さくらプロダクションスタッフ一同

平成30年8月27日

これは、さくらももこさんの公式ブログのコメントです。

アラ還の独り言

53歳は早過ぎますよ・・・

私達アラ還にも、昭和の香りを思い出す事が出来る、ほのぼのとしたマンガ

であり、国民的マンガでした。

百恵ちゃんが出て来たり、キャンディーズや、山本リンダや、秀樹や、

ジュリーが出てきたり、懐かしい場面、場面、私達の青春の思い出が、

まさに、その中にありました。

高校時代には、作文がお上手で現代の清少納言と言われていたそうです。

「ちびまる子ちゃん」は、シリーズ累計3200万部、主題歌の

踊るポンポコリン」に至っては、作詞を自身でされ、160万枚のミリオン

ヒットになりました。

しかし、本当は落語家になりたかったそうで春風亭小朝さんの出待ちをする

くらいのファンだったそうです。

凄い巨匠が亡くなりましたが、テレビ番組は引き続き放送されるそうです。

これからも、私達の心の中に生き続けていくことでしょう。

沢山の、思い出をありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする