忘年会のシーズンですね。行ってきました!

今日は、お仕事の忘年会でした。

参加してきました!

忘年会のシーズンですね。行ってきました!

今日は、お昼から仕事のセミナーが有って、18時30分から御堂筋の海鮮居酒屋さんで、「忘年会」が、有りましたので、参加してきました。

テーブルでお隣に座った方が、某有名パン屋さんの役員の方で、あの、「○ン○○○ク」を作られた方でした。

お歳は79歳で現役バリバリの、東京から、忘年会の為に来られた大変に品の有る素敵な紳士さんでした。

男の人でも、女の人でも、私は品の有る人が好きです。

品というのだけは、いくらお金が有っても、、これだけは、すぐに作られる物では、ないですよね

今までの生きざまが全て出るというか、「40過ぎたら自分の顔に責任を持て」と言われてますが納得ですよね。

その方は海外駐在が20年だったそうで、香港に7年住まれて、東南アジアから、イギリスやフランス、オーストラリアなど、何ヵ国も行かれていて、色々な、お話しを伺いました。

やはり、センスも良いし身のこなしが、江戸っ子のジェントルマンでした(笑)

久々の「べらんめえ口調」で、60代後半位にしか見えない男気の有るハンサムな方でした。

私も香港に住んでいたので香港のお話が、はずみました。

私が住んでいたのはカオルーンサイドでしたが、その方は、香港サイドの香港競馬場のすぐ近くのマンションの26階に住まれていたそうです。

マンションの家賃は25年前で1人住まいで36万円だったそうです。

本当に香港はニユーヨークより家賃が高い都市なのです。

香港で新車のクラウンを買ったら次の日に取られてしまって、また、そこそこの車を買って乗っていたら、社長が出張で、やって来た時に、「どうして、そんなみすぼらしい車に乗っているのか!」と怒られたので、直ぐに「ベンツ」を買い直した話とか、日本にいたら、人種差別なんて、無いけど外国に行くと差別だらけの話とか、イギリス人は特に、日本人を見下げてるとか、海外アルアルの話をして、盛り上がりました。

彼は海外駐在期間が20年も有って、全て奥さんに子供の事も任せきりで、何も自分は出来てないので、自分が日本に帰って、自分の世話までかけるのは、あまりに申し訳なくて、奥さんの生活のペースが狂ってしまうのも、辛いので、長年の苦労をかけたお礼の意味で奥さんの好きなマンションを、買ってあげてそれから奥さんの好きな趣味もさせてあげたいので、生活費も、もちろんあげて別々に暮らしておられると、言われました。

凄い理解力!生活能力!

そんな男の人がいるんですね~

素晴らしくないですか!?

ビットコインの話・・・

私の斜め前に座ってた35歳の男の子は、「ビットコイン」で、一儲けしたそうです。

コインが1枚14万円の時に買っていたそうで、今は、それが1枚200万円まで値上がりしたので、何枚買ったかは知りませんが1000万円儲けたそうです。

1枚が2000万円まで行くとか言われてる話も有るそうですよ・・

「凄いね~」と話をしていたら、それに詳しい人が近くにいて、「ビットコインなどのコイン系は税金かかるように監視されてるから、45%は税金に取られるよ!」

「そこを、誤魔化したら必ず3年以内に調べてくるから、その時に追徴課税として70%とられてしまうから、絶対に、ちゃんと申告しないと、後で後悔する事になるから最初に税金を必ず払わないと、いけないよ」と言われてました。

「そんな事を考えたら手数料とかも引かれたりするので決してボロいお金儲けでは、ないのに、そこは表面に出ないからわからないんですよ」と言われてました。

なんでも、裏の話が有るのですね~

日々新しいお勉強が続いてますねぇ~

今日の仕事の話

面白い内容でしたので、書いておきますね。

世の中には3種類の人間がいる

1「自燃性」・・・「自分」で燃やせるタイプ

2「他燃性」・・・「他人」に燃やして貰うタイプ

3「不燃性」・・・「人生」を謳歌したかったら近づいてはいけないタイプ

☆成功したかったら「運の強い人」と行動を共にすること

今日の講師の方は、松山で会社経営をされてるビジネスの成功者の方でした。

彼は、「Amazonが、世界最大の小売り企業のWalmart(ウォルマート)を時価総額で抜いた」という2015年の新聞記事を読まれました。

その記事とは?

「米 アマゾン・ドット・コム」が、「ウォルマート」を抜き、時価総額ベースで世界最大の小売り企業となった。

4~6月(第2四半期)決算では市場の赤字予想に反して黒字を計上し、株価が時間外で最高圏に押し上げられた。

アマゾン株は23日の時間外取引で一時573.45ドルと、通常取引の終値に比べて19%上昇した。

同社の時価総額は、この結果、約2670億ドル(約33兆1000億円)となり、ウォルマートの2335億ドルを上回った

ウォルマートは年間売上高でなお、アマゾンの5倍の規模を誇るがアマゾンは電子商取引における優位を固め、ウォルマートが追いかける展開となっている。

彼は、これを読まれて、すぐに知り合いの運送業のトラック屋さんの社長の所に行って「トラック業界白書」を貸してくれと言って3日間の間に読みまくったそうです。

そして、そこには、「ドライバー」の数が20年間全く増えて無いという事実

20歳位の若くて「ドライバー」になった人が、そのまま続けてきて、そのまま「高齢化」になっている業界である事実

それを見て、これは、この先、EC

EC(Eコマース)とは?

「EC」Electronic Commerceとは日本語で「電子商取引」であり、インターネット上で行われる商品や、サービスに関する取引・決済を指す言葉です。

つまるところ「Eコマース=ネットショッピング」ということになります。

Eコマース」は実店舗のようにテナントを持つ必要がなく、かつ店舗スタッフも必要ないため維持費や人件費の削減にもなるため、インターネット黎明期から徐々に市場を拡大していきました。

また、ネットショッピングに限らず現在では旅行代理店やオークションサイトなど、様々なサービスが提供されています。(クラウドERP実践ポータルから出典)

彼は絶対に「Eコマース」が世界を圧巻すると思われて、これから運送業でトラックを何台も動かせるようになっていたら必ず大きなニーズが有ると理解されて、その年の2015年に「運送事業部」を始められて大成功されているそうです。

彼は、そのビジネスの「時代性」と「市場性」を読めと言われていました。

アラ還の独り言

やはり、自分が動くと色々な出逢いがありますね~

動かなければ・・!であります。

今夜は、仕事仲間の63歳の男性が、久々に「ビール」を飲み過ぎて体調を崩されてお店で1時間程、寝させて貰いました。

私が同じ方向に帰るので、付き添ってました~

その人は2年前位に「大腸がん」で手術してるので、無理出来ないので、心配でした。

でも、今日は、その某パン屋メーカーの役員の方の年金額が年間600万円有る話や、「ビットコイン」で1000万円儲けた、それも35歳の男の子が・・・などの話に目が白黒して、ビックリされてたので、思わずお酒も多くなってしまったのだろうと思います。

体調を崩しては困りますが、「刺激を受ける」事は素晴らしい事です。

」も神戸で仕事終わってから心斎橋まで駆けつける気持ちは、ちゃんと有るので、そこは素晴らしいと思います。

もう一人の仕事仲間は、鳥取県の整体の先生ですが、「高速バス」に乗って「忘年会」に出てこられてました。

動く人は動きます。

動けば必ず何かを得る事が出来ます。

それで、人生が良い方向に向かうきっかけになるのなら、大正解ですよね。

皆さん、明日は二日酔いにならないように・・お祈り申し上げます~(笑)

今日に出逢った全ての人に感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする