睡眠不足と自律神経の関係

朝も、きっちり寒いし、今日、明日なんて、まだ寒いですよ・・

皆さん、起きれていますか・・?

睡眠不足と自律神経の関係

「自律神経」が整えば「眠りの質」はぐっと良くなる

睡眠不足の原因・・・

眠りをつかさどる副交感神経は加齢とともに機能が落ちる

体温の調整や、呼吸、消化といった意思とは無関係の体の活動をコントロールするのが自律神経です。

自律神経には活動時に働く交感神経と休息時に活発になる副交感神経があり、状況に応じてどちらかが優位になっています。

このバランスが崩れると睡眠トラブルにつながることもあります。

スムーズに入眠するには昼間に活発になった交感神経の働きを抑え、副交感神経が優位になる必要がありますが、うまく切り替えられないと寝つけなかったり、夜中に何度も目が覚めたりしてしまいます。

中高年女性は特に、自律神経が乱れやすいので注意が必要です。

自律神経についての説明は、こちらです

自律神経をコントロールする脳の視床下部は、女性ホルモン分泌の

司令塔の役割も担っています。

更年期でホルモンバランスが激変すると、自律神経も影響を受け

バランスが乱れるのです。

更年期に子どもの反抗期や親の介護が重なる女性も多く、

ストレスや疲労がたまりがち。

そこへ家族の理解や協力が得られないと不調がさらに加速します。

副交感神経の働きは加齢とともに落ちていくので

、更年期が終わっても不眠や不調が続き人は多い

自律神経のアンバランスで睡眠不足に陥ると、そのせいでさらに

自律神経が乱れて別の不調を引き起こすという悪循環に陥ることも。

睡眠不足を解消するには・・・

副交感神経を優位にさせること

そうでなくとも忙しい現代人は交感神経が優位になりやすいため、

意識してリラックスをつかさどる副交感神経を働かせ、質の良い眠りを

得る工夫が必要です。

大切なホルモン

そこで注目したいのが、副交感神経を優位にさせるメラトニンという

ホルモン。

こちらも加齢とともに分泌量は減りますが、朝起きる時間を一定にし、

朝日を浴びたり朝食を取ったりして体内時計をしっかり切り替える

ことで、分泌を促すことが可能です。

食事でケアをする

食事でもその分泌をサポートできます。

メラトニンの材料となるトリプトファンは、肉や魚など動物性

たんぱく質に多く含まれます。

神経伝達を促すカルシウムやビタミンB群も、自律神経を

整えてくれます。

寝る前に刺激を与えない

寝る前にスマホを見たり、あれこれ考え事をしたり

すると交感神経を刺激するのでNG。

リラックス効果

寝る1~2時間前に少しぬるめのお風呂で体を適度に温めると

副交感神経が優位になりやすく、体が熱を逃がして入眠しやすくなります

香りでリラックスできるという人なら、アロマオイルをたいたり

、ハーブティを飲んだりするのも効果的です。

マインドフルネス瞑想

呼吸の整え方は、こちらです

まとめ

自律神経は生活習慣に影響されやすく、本来のリズムに逆らった暮らしが体の不調につながっています。

・生活習慣を見直せば、多かれ少なかれ、効果は実感できるはずです

・マインドフルネス瞑想が自分で出来る簡単な方法なのでおすすめします

アラ還の独り言

「いかに、早く睡眠時間を確保するか!」これが、今のアラ還の

私のテーマであります。

今は、転職するので、訪問介護もパートが終わってから、

入れて貰ったりの状態で、マジでバタバタしております。

そして、他の仕事、種をまいておいたアフィリエイトの仕事も少しずつ

ですが、芽を吹き始めていて、それの仕事も入ってきつつ有ったりして、

まだまだ生活のパターンは変動していきます!の真っ最中なのであります。

ちゃんと寝ないとお肌にも悪いし、浮腫んだりするし、とんでもない

身体の状態になるのですが、これだけ寝なくても身体がもっているのは

、やはり早朝の「マインドフルネス・脳科学」のおかげだと心から

思っています。

最近は、「シーター波」を通り越して、「デルタ波」の音楽を

師匠」がかけてくれて、それを聴きながら「マインドフルネス瞑想

の「呼吸法」を朝にしているので、寝てる状況にして貰ってるのかなぁ~

などと考えております。

自分の意識を「師匠」の誘導で「変性意識状態」にもっていって貰って、

身体が楽になっている感じであります。

天才バカボンではないですが「これでいいのだ~」やと思います

ちゃんと良い様に出来ているのだと思います(笑)

そうです!

素直で信じる者は救われます!

今日に出逢った皆さんに感謝です。 そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED続く・・・

・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする