マインドフルネス美肌効果

今日は友達の化粧品のカウンターに行ってきました。お肌チェックを受けてきました。

今日はお友達のお化粧品を買うのに、化粧品カウンターまでお供してきました。今日の化粧品はスキンコンディショナーで有名なアルビオンです。彼女の検討中のお化粧品はイグニスのエイジングケアラインのイグニスVQシリーズです。お化粧水は前に買われたそうで乳液は別のを使われてるとの事でした。

美肌の検証

待ってる間に、またお肌チェックして貰いました。「結果は?」(笑)やりましたよ!各層内の水分量 77% 肌表面の皮脂量 56% の「理想のお肌ゾーン」のど真ん中でした!「アラ還にして、やった~!」また褒めて貰ってきました。

どうしてお肌の調子がこんなに維持出来てるのでしょうか?

毎日早朝にマインドフルネスのスクールに通ってるので私は毎日4時30分に目覚まし時計無しでパッと目覚めます。色々仕事などバタバタとしてるので家に帰って寝るのが最近は1時とか2時とかの事も有るのです。たまにベットに行かずに椅子2つ並べて、お化粧を落とさずに寝てしまう事も有ったりします。「明日の朝も、ちゃんと元気に起きれますように」と祈って寝て(笑)翌朝目覚めるというのを6月の中頃から毎日繰り返しています。

しかし、マジに睡眠不足やと思っていますが、毎朝テンション高くて、その状態は一日続いているのです。つい最近師匠にも、「私、大丈夫でしょうか?」と尋ねてみました。師匠のお答えは「自分が大丈夫と思ったら大丈夫でしょう」と予想通りのお答が返ってきました(笑)

「早起き」の効用

マインドフルネスの師匠は、一番良いのは「早起き」ですよと言われています。脳科学的に一緒にお勉強いたしましょう・・・「早起きの一番のメリット」それは「自律神経が整う」と言う事です。動物が生きていく上に勝手に動いていくものです。

詳しく見ていくと・・・朝の光を浴びると脳で「セロトニン」という物質が分泌されます。「セロトニン」とは安らぎと幸福感を司るものです。ちなみに「セロトニン」が分泌されない人が「うつ病」で、患者さんは「SSRI」という「セロトニン」に代わる物質を投与されています。「セロトニン」は、20分以上歩いたり、ガムを噛んだり、瞑想(呼吸法)なら5分したら出ると言われています。

「早起き」すると朝は脳が冴えているのが解ります。私は試験勉強は、いつも徹夜していましたが、ある時から早く寝て3時位に起きて勉強してみたら集中力記憶力が凄くて頭の中に「スイスイ」と入って行ったのを覚えています。朝の10分は夜の1時間に匹敵すると言われてるそうです。この早朝のスクールには小学生も来られてて頑張ってお勉強をされています。こんな時から脳科学の学校に来れて大人は全員羨ましいな~と思っています。素晴らしいです。

早起きして、頭が冴えているのは寝ている間に脳が無意識に情報を整備してくれてるからです。体験した事の意味が解るようになるからです。なので朝の時間は集中力や判断力が最も冴えています。「早起き」とそうでない人を比べてみると、「集中力」「記憶力」「成績」「プラス思考」「先見性」「良く寝れる」という所が「早起き」の人が優れていた所だそうです。

あっ、今、芦屋の「だんじり」の声が聴こえてきました。子供の「エイヤッサー」という声です。さすがは芦屋ですね。「品」が有ります(笑)しかし芦屋に「だんじり」が有ることを私は最近まで全く知りませんでした。

話を元に戻しますが、私がこんなに睡眠不足なのに元気でいられてるのは、やはり自律神経が整ってきているのかと思います。心の不安定感がなくなりました。本来の自分に戻ってきている感じというか、それに嬉しい事や楽しい事が多いので、セロトニンドーパミンも出まくり状態なのかなと思います。甲状腺ホルモンが出にくい橋本病の私ですが、ちゃんと体重も減ってきてるし、お肌も人に褒められるしで良いところだらけです。「ストレス」に思うことが本当になくなってきています。

ストレスが何故無くなっているのかでしょうか?

それはストレスホルモンコルチゾール)が低下しているからです。

「コルチゾール」とは?

コルチゾールとは、副腎皮質で生産されているステロイドホルモンの1つで、主にストレスと低血糖に反応されて分泌されます。本来コルチゾールも他のホルモン同様、人間の恒常性(バランスのとれた状態)を維持するように働きます。しかし慢性的に高くなると高血糖に依り血流悪化、動脈硬化、糖尿病などの原因となります。免疫力も低下し体内で炎症を引き起こす原因物質の増加に繋がる為、炎症の長期化、慢性化へと繋がる事があります。

マインドフルネスの美肌効果なのですが個人的には毎日歩いてる事とかもプラスされていると思いますが、師匠に導かれながら瞑想をしている時に、ときめきホルモン(DHEA)と言う物が出ているそうです。

DHEAとは?

DHEAとは、デヒドロエピアンドロステロンが正式名称で副腎で産生される男性ホルモンの一種です。テストステロンという男性ホルモンやエストロゲンという女性ホルモンを作る原料になり「マザーホルモン」とも言われています。

DHEAの分泌は加齢と共に減少し20代がピークであり、40代で約50%、60代では30%、80代では10~20%に低下してしまいます。

DHEAが、きちんと分泌されれば、必然的に女性ホルモンも男性ホルモンも増えることになります。

DHEAは、若返りホルモンで有り、綺麗ホルモンとも呼ばれています。瞑想したら「性欲」が満たされるのですよそれもホルモンレベルで。私が痩せたのも、と言うか太ったのはストレスから来る過食ですが、そういう物が無くなって食欲に行かなくなったのです。本当に食欲を我慢してる訳では無くて食べなくても満たされている感じです。

アラ還の独り言

へたしたら冷蔵庫をカラにしてしまおうかと言う勢いの私の食欲でしたが、それが本当になくなりました。痩せた自分を瞑想でイメージングしていくと結果的に心が安定していきました。女性に必要なホルモンも出て幸せになっていくのでお肌の調子も相乗効果で良くなるのですね。また定期的にお化粧品のカウンターに行きお肌診断の結果を報告させていただきますね(笑)

今日、出逢った皆さんに感謝。そして、私にありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする