マインドフルネス&スーパースター

今日はお仕事も早朝のマインドフルネスのスクールも、久々にお休みです。自由時間です。

有り難い事に早起きが習慣化されてきてるので今朝も4時30分には目覚まし時計要らずで目が覚めました。昨夜はお風呂に入り損ねたので、ゆっくりと浸かりながら瞑想しました。

そして、ゴソゴソしてたら、「早起き」には「早起き」のお友達がいるもので、電話が有り近況を話し合い夜に会う事になりました。

忙しいお友達

「本当に会えるかなぁ~!?」彼女はツチノコと呼ばれる位に、滅多に会えないキラキラの「スーパースター」です。正真正銘の「還暦!」で私が目指すべき凄い女性です。「そんな凄い人には見えないのにねぇ~」の声もたまに有りますが(笑)しかし彼女は「本物です」出来る女性の中身は大体「おっさん」なので、彼女も誰よりも「おっさん」ですが私が今迄出会った人の中で一番凄い人です。「人間性」も「仕事」も「人脈」も「半端ないスケール」です。

何度も「優しい言葉」や「的確なアドバイス」を私に投げかけて下さり助けて頂きました。救われました。彼女とは私の最悪の状況で出会いが有り、その事で急速に深く繋がった感じです。

どん底での出会い

私は「アラ還」ですが、人生を色々と積み重ねて行くと「自分の人生が最悪の状況で半端なく最高の出会い」が有ったりします。

そんな事を書いていた本を読んだ記憶が有りますが、本当にそうだと思います。

滅茶苦茶傷付いてしまったけど、神様はちゃんと見ていて下さってて今度は素晴らしい人を私の周りに現せて下さったと心から思えます。

「神様、ありがとうございます!」の気持ちです。

今からの人生も絶対に大丈夫!と根拠の無い自信、それだけが何故か昔から私には有って本当にそれだけで、色々な人に出会わせて貰って生きてきています。

今、ブログを書けるのもマインドフルネスのお勉強を毎朝出来てるのも、今の自分の状況では本当に有り得る事ではないのです。今の現実の状況に本当に感謝です。私の周りの方々が私に下さってる優しい愛に感謝です。ありがとうございます。

また「ツチノコ」の彼女の凄さと面白さについては、折にふれお話ししたいと思いますので楽しみにしていてください。

話は飛びましたが、いつもこの朝の時間には、もう家にいないので久々にNHKのあさイチのテレビを見ていると、

今日は「ちょっと手芸」の特集をしてて東京の有名進学女子校の授業前の様子が映ってました。授業前に懐かしい「運針」を集中してされているそうです。黙々と集中して全員で運針されてる様子が映されてました。

マインドフルネスの集中

「あっ!それってマインドフルネス!」思わずテレビに向かって叫んでいました。それです。これこれ。

脳の奥には線条体と言うものが有って、そこに、「やる気スイッチ」が有るのです。と脳科学の教授が説明されてました。「はい、つい最近(9月18日)私はスクールで線条体のお勉強したので知ってます!」と心の中で自慢してました。運針をする前と後の脳の図も出してきて、明らかに活性化していますと言われてました。

そうなんです。そうなんですが、それは運針が凄いのではなくて運針が「今、ここ」マインドフルネスの役割をしていて心が穏やかになり、集中できるようになるので、その後の授業も、やる気で頑張ろう!となるのですよと解説を心の中で付け加えていました。

マインドフルネス、最近いよいよ出てきてますよね。

ところでタイムリーな話題になりますが、なんと明日は私がマインドフルネスの早朝スクールで、皆さんの前でプレゼンテーションをする日になります。などと、控えめに書いてますが、「心臓バクバク」で、お尻に火もついてるし本人は半泣き状態です。

ちゃんと出来るイメージだけしておきます。

私の師匠「失敗は全て糧になる!」と小学校の先生をされてた時に、そう子供たちに言われ続けてこられたそうで私はその話を朝に聴いた時に、マジに感動してしまって「こんな先生に担任して貰えたら、子供の人生変わるよなぁ~」と思いました。

今は教師は辞められてマインドフルネスの教室を立ち上げられておられますが、生徒にしたら「今時、こんな先生が現場からいなくなるのは大きな損失やなぁ・・」と残念に思います。

師匠が担任になったらスポーツも学力もドンドン伸びていったそうです。師匠こそ、今からのスーパースターになる存在やと確信しています。

昨日に中村雅俊さんのファンクラブでしたのお話をブログに書かせて頂いたのですが、雅俊さんがヒット曲を連発したりNHKの大河ドラマに主役で出演したりで大活躍されて私は先見の明が有るよなと思って、雅俊さんの株が有ってその時に買ってたら値上がりしたんやろうなぁと思ってました。

西武ライオンズの栗山巧君の話

あっ、先見の明と言えば、実は私の娘が西武ライオンズの栗山巧選手の同級生で、私は小学校の娘の授業参観に行ってハンサムハンサムと言う言葉も今は死語になっているのですよね。しかし私は、あえてハンサムを使いたい)丸坊主でハンサムな男の子は本当にハンサムですよね。栗山君は、「海老蔵似」で私は、ちゃんと目をつけていました(笑)

娘が帰ってきていきなり「あの何列目の一番後ろに座ってた男の子のは誰なの?」とチェックしてましたからね(笑)

その中学は野球部が無いという珍しい中学で、彼は陸上部でしたが別のクラブで野球をしていたときいてました。育英高校の野球部に進まれて、全然関係無いのに甲子園の予選とか明石球場まで応援に行って育英の保護者と同じ所に座って応援してましたからね。

もうドラフトで西部ライオンズに指名された時は息子の様に思って一緒に感激してました。なので、私が大丈夫と思ったら大丈夫なので、きっと私のマインドフルネス師匠も突き抜けてビッグになります。

マインドフルネスの師匠のレベルが高いです

師匠は、この若さで根底に愛が有るので凄いなと思います。師匠の株も必ず値上がりしますよ!(笑)

スクールには、レベルの高い素直な素敵な方々が来られていますが皆さんは師匠の引き出しから出てくる半端無い知識に脱帽というか、導かれて楽しみながら通われています。私などは「師匠、マジで賢いなぁ~」と尊敬して話を聴いています。

それと、「よう、こんな難しい事を7時前から教えてるよなぁ・・」とも思っています(笑)小学生も同じように通われてて、灘中とか名門目指しておられるみたいです。ここの地区の小学校は私立への進学率が、なんと80%だそうです。

びっくりですね。しかし、そう言えば私の小学校も、今は統合されて無くなってしまいましたが今思えばモデル小学校でオリンピックの体操の遠藤選手が来られたり(古い~)灘中や六甲や関学や親和や神戸大学付属住吉中学に進学していましたよ。

全然他人事でしたが、当時からそんなのは有ったのですね。でも、せいぜい1割程なのかな?でも当時にしたら多かったかもですね。

子供の幼児教室の話

私も子供が小さい時は当時では、まだ珍しかった幼児教室に須磨まで通ってました(笑)

ドーマン博士のドッツカードとか鉄棒みたいなのにつかまらせて握力を強くするとか、下駄を履かせて土踏まずを作るとか。色々してました。

ドッツカード、それは、30センチ四方の白いボール紙に赤い丸いシールを貼り、1~100を作り一瞬にして「1」~「10」までのシールを張った紙を声に出しながら順番に見せるといった単調な物ですが。親の私が続けれませんでした。娘よごめんなさい。

子供は続けて行けば瞬時に何枚有るかを見分ける力が出来て言い当てる事が出来様になります。

確かオリンピックに出場した水泳の池江璃花子選手のお母さんが同じドーマン博士の幼児教育されてたと思います。

子供部屋に運梯作って握力を鍛えて・・と色々努力されてオリンピック選手になられましたよね。小さい時からの教育って大切やと思います。親と子供のコラボですよね。

それでは、明日の準備にとりかかりますね。

今日、出逢った皆さんに感謝。そして、私にもありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする