西宮神社 開門神事福男選び

2018年も10日が、もう過ぎてしまいましたね・・(笑)

西宮神社 開門神事福男選びとは・・?

今年は高3が「一番福」つかむ 福男選びに5000人

1月10日(水) 午前6時

場所:表大門(赤門)から本殿まで

商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社として知られる西宮神社

(兵庫県西宮市)で10日、「十日えびす」で境内を本殿まで駆け抜け

参拝一番乗りを競う恒例の「開門神事福男選び」が行われました。

午前6時を期して表大門(おもてだいもん)が開かれ、外で待っていた

参拝者は「かいもーん!」のかけ声と太鼓の音とともに表大門が

開かれると、一気に境内へ流れ込み、約230メートル先の本殿まで

続く石畳の参道を駆け抜けました。

これを「開門神事」といい、一番福を目指して230m離れた本殿へ

走り参り」をする事を言います

約5千人が参加し、トップの「一番福」には昨年11月まで陸上部で

200メートルの選手として活躍した同県尼崎市立尼崎高校3年の

佐藤玄主(くろす)さん(18)=同県芦屋市=が独走し、

約230メートル先の本殿に飛び込まれました。

来月に大学受験を控える佐藤さんは
「久しぶりに走るので不安でしたが、スタートから抜け出せてよかったです。」
開門を待つ間も日本史用語集を読んでおられたそうで、
「勉強しながら気持ちを整えました。
福を独り占めせず、周りの人たちにも分け与えられる1年にします」
と笑顔で話されました。

「二番福」は同県明石市立明石商業高校3年の

竹内紘(こう)生(き)さん(18)、

「三番福」は同県川西市の消防士、渡部涼さん(25)でした。

「開門福男選び」とは・・

江戸時代に始まったとされる神事で本殿へ早く到着した順に

1番から3番までがその年の「福 男」として認定され、

「福 男」には、認定証・ご神像・副賞そして特別の半被が授与されます。

認定証は宮司より、特製半被と副賞は淡路島のえびす舞の人形より

福男に手渡します。

福男認証式に引き続き福男3人による鏡開きが行なわれ

、参拝者にお神酒が振舞われます。

また先着5000名の参拝者には「開門神事参拝之証」を

無料授与されます。

※「開門神事参拝之証」は総合案内・本殿西側授与所にて授与します。

☆開門神事・福男の副賞

一番福
えびす様の御木像(大)、半被、えびす様お面額、えべっさんの酒菰樽、
えべっさんの米1俵(60kg)、ヱビスビールなど

二番福
えびす様の御木像(小)、 半被、えびす様お面額、えべっさんの米1俵
(60kg)、ヱビスビールなど

三番福
えびす・大黒様の御金像、 半被、えびす様お面額

えびす宮総本社 西宮神社

西宮神社 本殿 ご祈祷のご案内

交通アクセス

西宮神社への交通アクセス

電車:

阪神本線「西宮駅」えびす口より徒歩5分
JR神戸線「さくら夙川駅」より徒歩10分
阪急神戸線「夙川駅」より徒歩15分

バス:

十日えびす期間(1月9・10・11日)は、阪急西宮北口駅から臨時直通バスが運行します。
※詳しくは阪急バスのホームページをご覧ください。
 阪急バスのホームページ

お車:

神戸方面からお越しの方(上り) ― 阪神高速神戸線西宮出口降りてすぐ
大阪方面からお越しの方(下り) ― 阪神高速神戸線武庫川出口降りて5分、戎前交差点を右折すぐ

※正月・十日えびす期間は境内駐車場をご利用いただけません。近隣のパーキングにも限りがありますのでなるべく公共交通機関をご利用ください。

えびす宮総本社 西宮神社

〒662-0974 兵庫県西宮市社家町1-17

0798-33-0321

(西宮神社のホームページより出典)

今日は「神社参り」のプロの私の美人のお友達と、素直な凸凹トリオ3人

(笑)の合計4人でお参りしてきました。

まず彼女が「マナー」の先生でもあるので、素直な我々は

神社参りの作法」とか「手水洗いのマナー」も全部、

美しい彼女を見ながら教えて貰って(笑)様々なお社も有りましたが、

それも、教えて貰って賢い三人になって、良いお勉強をさせて

いただきました。

ありがとうございました。

いつも夜にしか行った事が無かったので、満員の時は、

入場規制がかかって、入れなかったりしたので、行ったものの、

帰った事も有りました。

いつもは暗いので見えなかった景色が色々見えたりして新たな

感動も有りました。

参道を逆行するなんて、絶対に有り得ないですが、空いていたので、

堂々と逆行して観損ねた所を観たりしてお勉強してきました

そう言えば本宮の手前に「逆さ門松」が有りました。

一緒に行ったノンタンが逆さ門松について聴いておられたので、

私が調べてここに書いておきましょう・・(笑)

逆さ門松

当社の門前町では、古くより十日えびすの宵宮の九日の夜、各家の門口に

立ててある門松の枝を逆さにつけかえ、静かに神様をお迎えする風習が

ありました。

昔の門松は、枝葉の着いた大きな斎竹に松を盛り添えて造られており、

各家々が通りに面して建てると、通りがせまくなる程であったと

いわれております。

この為、この夜えびす様が神馬にお乗りになって市中を巡行されるのに

、松の葉先があたっては大変、と云うことで、この様にしたと

伝えられています。

この話に従い、平成二十年の歳末から、えびす様に対する氏子の

優しい心を伝えるべく、「逆さ門松(さかさかどまつ)」の伝統を復興し

、正月十日えびすの参拝者をお迎えすることにしております。

これには当社の分霊社、三田市の西宮神社三田分社より七m程の

若竹や松枝の奉納があり、これを拝殿両側に建て、藁を巻き、

松枝を約二mの高さから藁縄で括りさげて作っております。

(西宮神社ホームページより)

アラ還の独り言

早朝の「マインドフルネス・脳科学」のスクールの我が「師匠」は

運動神経も抜群なのですが、なんと「福男」にチャレンジした事が

有ったそうです。

5位やったよ」と言われてました。

そして、なんと今年の「福男」の男の子は、かつて「師匠」が

小学校の教師をされていた時にいた男子生徒だったそうです。

何でも、繋がるので、面白いですね~(笑)

そして、我がスクールには、早朝のクラスには、中学受験と、

高校受験のクラスメートがおられます。

もう数日で、実はお受験なのだそうです!

その彼らに、学業・合格守りを、皆でお祈りして頂いてきました。

もう少しですので、頑張って欲しいです!

Y君、T君、頑張れ~!

今日も出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする