折り紙は日本らしい文化ですね 折り方もいろいろありますね~

最近、折り紙に興味を持つきっかけが有りました。少し調べてみたら、

その深さにビックリです!

折り紙は日本らしい文化ですね

折り紙の歴史

7世紀初めに大陸から紙の製法が日本に伝えられたのち、

日本人の工夫によって薄くて丈夫な紙、「和紙」が

生まれました。

はじめ写経や記録が紙の重要な用途でしたが、

神事にも用いられるようになり、神への供物など

様々なものを紙で包むようになりました。

やがて供物や贈り物を包んだとき紙に折り目が

つくことに着目して、包みを美しく折って飾る儀礼折が

生まれてきます。

室町時代(14,15世紀)に入ると小笠原家や伊勢家によって

様々な礼法が整えられ、紙包みの礼法(儀礼折)も

そのころ考えられたものです。

今も使われている熨斗包みや雌蝶・雄蝶などの折り方は

その名残です。

やがて礼法や決まりから離れて、折り方そのものを

楽しむようになったのが「折り紙」です。

江戸時代に入ると紙の生産量も増え「折り紙」は

いっそう庶民に親しまれるようになりました。

寛政9(1797)年には世界で最も古い折り紙の本

秘傅千羽鶴折形

が出版されています。

明治時代に入ると、「折り紙」は幼稚園教育にも

とりいれられ、小学校では手工や図画でも教える

ようになり、ますます盛んになりました。

現在では、「折り紙」は世界各地に広まり、

折紙愛好家の団体がいくつもできて盛んに活動を

続けています。

「新撰人物 折形手本忠臣蔵」(吉徳これくしょん 蔵)

「新撰人物 折形手本忠臣蔵」(吉徳これくしょん 蔵)

なぜ日本に折り紙文化が生まれたのでしょう・・?

水田稲作文化と方形の美

季節の変わり目に沿った折り目正しい生活と方形の

水田が並ぶ直線と正方形や長方形の美しさは、

日本人がもっとも見なれた風景です。

また、まっすぐに伸びた杉やヒノキは日本建築に

とって欠くことのできない材料です。

桂離宮や伊勢神宮を思い出していただければ、

直線や方形による日本文化の特色が建築物からも

わかるでしょう。

● 畳む文化と内向き志向の文化

日本では毎日寝具をきれいに畳んで収納し、

和服も畳んで箪笥に仕舞います。

和室の畳ももともとは畳んだものなのです。

畳むことは整理することを意味します。

これは水田稲作を主とした農民の勤勉さから

きたものでしょう。

連作が可能な水田稲作農業は繰り返し続けられ、

人の定住化が進み遊牧とは対照的に移動をしません。

中国はもちろんヨーロッパの国々の多くは、

羊や牛やラクダを草原に放し移動しながら生活を

していた人たちか、その文化をつよく受けてきた人たち

なのです。

世界的に見ても遊牧文化の歴史を持たない文化は

非常に珍しいのです。

日本には一所懸命という言葉があるように共同体の中で

内向きの生活をしてきました。

それが、限られた資源を有効に利用し、つつましさを

美徳とする包む文化を生んだのです。

 日本折紙協会の会員がいる国と地域

アメリカ アルゼンチン イギリス イスラエル イタリア イラン インド

インドネシア ヴェネゼエラ オーストラリア 

オーストリア オランダ

カナダ ギリシャ ケニア コスタリカ シンガポール

 スイス

スウェーデン スリランカ タイ ドイツ 

ニュージーランド ノルウェー

パキスタン ハンガリー フィリピン ブラジル 

フランス ペルー

ベルギー ボリビア マレーシア メキシコ ロシア 
韓国 台湾 日本
  (日本折り紙協会ホームページより出典)

折り紙は折り方もいろいろありますね~

・ハート

【外国人の憧れ】旅先でも使える、覚えておきたい簡単折り紙

感謝の気持ちを表したい時に。思うより簡単に折れます。

メッセージを書いて手渡すのも良いですね。

【折り方】

【伝えたい日本の文化】覚えておきたい簡単折り紙

・シャツの菓子いれ

【伝えたい日本の文化】覚えておきたい簡単折り紙

可愛いシャツでお菓をドレスアップ。

ちょっとお菓子をあげる時に、子供のみならず、

大人でも嬉しいですよ。

【折り方】

【伝えたい日本の文化】覚えておきたい簡単折り紙

・かぶと(Samurai Hats)

【外国人の憧れ】旅先でも使える、覚えておきたい簡単折り紙

日本の伝統や文化を表すものは、伝えていきたいもの。

折り紙がなかったら、新聞紙で折りましょう。

頭に被ることが出来ます。

【折り方】

【伝えたい日本の文化】覚えておきたい簡単折り紙

(TABIZINEより出典)

・エッグスタンド

エッグスタンドの折り方


参考図書:「10分で折る 四季の実用折り紙」
監修 小林一夫 成美堂出版
エッグスタンドの折り方

・飾り箱

つのばこの折り方

それでは早速ですが、角箱の折り方です。折り方はとっても簡単ですよ。

IMG_9397

正方形の折り紙を三角に2回折ります。

IMG_9398

開いてつぶします。裏側も開いてつぶします。

鶴の折り方と同じです。

IMG_9399

両端を中央の折り線に合わせて折ります。

IMG_9400

裏側も同じように折ります。

IMG_9401

図のように三角に開いてつぶします。

裏側も同じように開いてつぶします。

IMG_9402

1枚めくって、折りずらします。

IMG_9403

左右を図のように折ります。裏も同様に折ります。

IMG_9404

下から上に折り上げます。

IMG_9405

全部で4ヶ所あるので、同じように折り上げます。

次に、下から指を入れて箱の形に整えます。

IMG_9406

角箱の出来上がりです!

アラ還の独り言

今回、折り紙の事に興味を持ったのは、今、私が訪問介護に

行ってる方が以前、カルチャーセンターで折り紙を教えてる先生

だったからなのです。

難病と闘っておられるのですが、毎日、寝ながらも刺繍をされたり、

色々されておられて、そのお姿に私が感動しました。

ご主人が献身的に尽くしておられるのですが、奥様がお元気な時

の親子3人の家族旅行のスライド写真を私に見せて下さって、

奥様が、東京の折り紙会館に行かれて、有名な折り紙作家の方に

会ってこられて・・の話をお聞かせいただきました。

この可愛い奥様が興味を持たれてた折り紙とは、どんなものなのか、

改めて思ったら、とても奥が深そうなので今回は調べてみようと

今日に至りました。

私も大昔の40年も前に、アメリカで滞在してた事が有るので、

やはり「折り紙」にはお世話になりました。

外国の人に日本の文化を紹介する機会は、何度も有ったので、

それこそ「鶴」や「かぶと」などを作ってみせて、喜ばれました。

「折り紙」で知らない外人さんとの関係を作るのに恩恵を賜った事

が有りました。

しかし、それからは、なかなか、毎日の生活に追われてしまって、

改めて、奥様との縁が無かったら一生、また時間をとって

折り紙」と縁をするとかは、なかったかも分からなかったので、

本当に奥様に感謝です。

そして、幸せそうな家族写真を見せて下さった、ご主人にも感謝です。

改めて調べてみると、本当に色々な物が作れていて立体的はお花とか、

可愛い折り紙に溢れていました。

また今回は、よいきっかけを、頂いたので、教えて頂いたりしたいと

思っています。

ありがとうございます。

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする