大谷翔平、二刀流快進撃に迫る

5月15日のNHKのクローズアップ現代で大谷翔平の凄さを特集してましたよ!

何がバッターとしての快進撃を支えているのか?

エンゼルスの打撃コーチが語る快進撃

エンゼルスの打撃コーチ、エリック・ヒンスキー氏が語られたのは

打撃フォームの改造をした。と言う事でした。

その話はこちらでも取り上げています。

「オープン戦でホームランが1本も打てなかったので、右足を上げずに

ノンステップで打つようにアドバイスをしたら、直後から柵越えを

打ち出した。」と言われていました。

「脚を上げると頭が動く」のを予防する為であると。

「脚を上げずにと言う事は先にトップを作ると言う事です」

とゲストの落合博満さんが説明しておられました。

どう見る?大谷翔平のバッティング

謎の行動をしていました。

大谷翔平は、大リーグでは指名打者なので、ネクスト、ネクストバッター

の時にベンチで一人バットを構え素振りをしていました。

そして、チームが守備についている時にネクスト、ネクスト、

のその前にはタブレットで対戦するバッターの情報を徹底的に頭に

叩き込んでいたのです。

「100%の力を出す前に200%の準備をして挑む」

これは、大谷の花巻東高校の時の監督からの教えです。

調べてみると高校時代に大谷が作っていた物がありました。

マンダラチャートで目標達成

マンダラチャートをご存知でしょうか。

仏教の曼荼羅をヒントに、経営で使われるようになった

チャートです。

事業計画や商品開発、問題解決などに活用されています。

形は四方形で、3×3の9つの四角形で構成されたものです。

そして、一つずつの四角形は、それぞれ9つのマスに区切られています

このチャートは、「目標達成シート」として活用されることも

多いです。

実は、このチャートをうまく活用し、目標を達成して

しまった野球選手がいます。

その選手の名は、大谷翔平。今、アメリカで大活躍です。

彼は、高校1年のときに「目標達成シート」を作った

聞いています。

その内容を見ますと、驚きしかありません。

本当に16歳の学生が作ったのだろうかと思わせる、

素晴らしい内容です。

その内容を簡単に紹介しましょう。

Twitterで画像を見る
(「MAG2NEWS」より抜粋)

上のマンダラチャート、凄いですね。

目標設定は本当に大切ですね。

テレビでは、落合さんが、

「周到な準備、自分が現役の時は、昔から言われていたので、それは、

当たり前の事なのに、それが今、ここまで評価されると言うのは、

現役の選手が基本的な事を出来ていないと言う事なのかな~」

と言われていました。

どう見る?大谷のピッチング

159キロのストレート

6回3分の1で、11奪三振

直近の大谷のピッチャーとして登板した時の結果です。

試合に依って配給を変える大谷翔平のピッチングです。

スプリット、いわゆるフォークボール

4月8日はフォークボールが4割

5月6日はストレートが5割

アメリカにはキャッチャーが日本の様に、

「女房役」と言う言葉や意識はないそうです。

アメリカでは、キャッチャーは、いかに気持ちよくピッチャーに

投げたいボールを投げさすかに依って、良いキャッチャーとしての

評価が上がるそうです。

大リーグを席けん、”フライボール革命”

フライボールを打ってホームランを打つというのが最近

言われてきているのだそうです。

それは高めのストレート

建てに割れるカーブの2種類のボールを打ってホームランを打つという理論

大谷選手の場合、そこにボールを投げるのは、ほとんどないので、

狙い撃ちをされる心配はないと言われていました。

大谷選手の一週間

マイク・ソーシア監督は、今は、中6日のスケジュールで大谷を

ピッチャーとして起用しています。

エンゼルスが優勝を狙うとしたら、大谷をフルに使うことになります。

となると最後の1ヵ月で中4日になる可能性があります。

大リーグの説明を少し・・

日本のプロ野球が「セ・リーグ」と「パ・リーグ」と別れている様に

メジャーリーグも「ア・リーグ」「ナ・リーグ」に別れています。

ア・リーグはアメリカンリーグと言い、ナ・リーグはナショナルリーグ

と言います。

ア・リーグはDH制有なので、日本でいうパ・リーグになり、ナ・リーグ

はDH制無なので、セ・リーグになります。

ア・リーグ東地区

ポルティモア・オリオーズ

ボストン・レッドソックス

ニューヨーク・ヤンキース

タンパベイ・レイズ

トロント・ブルージェイズ

ア・リーグ中地区

シカゴ・ホワイトソックス

クリーブランド・インディアンス

デトロイト・タイガース

カンザスシティ・ロイヤルズ

ミネソタ・ツインズ

ア・リーグ西地区

ヒューストン・アストロズ

ロサンゼルス・エンゼルス

オークランド・アスレチックス

シアトル・マリナーズ

テキサス・レンジャーズ

ナ・リーグ東地区

アトランタ・ブレーブス

マイミア・マーリンズ

ニューヨーク・メッツ

フィラデルフィア・フィリーズ

ワシントン・ナショナルズ

ナ・リーグ中地区

シカゴ・カブス

シンシナティ・レッズ

ミルウォーキー・ブリュワーズ

ピッツバーグ・パイレーツ

セントルイス・カージナルス

ナ・リーグ西地区

アリゾナ・ダイヤモンドバックス

コロラド・ロッキーズ

ロサンゼルス・ドジャース

サンディエゴ・パドレス

サンフランシスコ・ジャイアンツ

合計30球団で編成されている世界最高峰のプロ野球リーグです。

日本よりはるかに広い国土のアメリカを横断しながら試合をするので

、移動するだけでもかなり大変です。

大谷選手は、ロサンゼルスのエンゼルスなので、ア・リーグの西に

なりますね。

マー君、田中選手のいるのは、ニューヨークのヤンキースなので、

ア・リーグの東になります。

日本では、いかにも全米で騒がれているかの様に放送されていますが

大谷選手の凄さは、東海岸までは伝わっていないと言われていました。

やはり、ヤンキースの有る、ア・リーグの東を巻き込んでこそ、

全米に伝わる事となるそうです。

そうなったら根底からアメリカ野球を変えてしまうかもしれない

可能性を秘めているベーブルース以来の二刀流となる大谷選手!

抜群の適応力と徹底した下調べで快進撃を続けている大谷選手を、

皆さん、応援しましょう!

アラ還の独り言

大谷君の頑張りは、無条件で応援したくなりますよね。

凄いガタイの割に、大変素直で良い子の可愛い、可愛いお顔を

されてますよね。

やはり、お顔、大切です(笑)

母性本能を掻き立てる大谷君、おばさま達も応援してるからね。

「大谷翔平がんばれ~!」

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする