ラーメンのスープは種類が多いですね。

今夜は夕方から出かけていて、駅からの帰り道に美味しいラーメン屋さんが有るのですが今日は誘惑に負けてしまいました・・(笑)

ラーメンのスープは種類が多いですね

今日は駅を出た所で、バイトの男の子がチラシを配っていて、それを受け取って見てみると、なんと、私の好きなラーメン屋さんの無料で煮卵トッピングのサービスのチラシでした・・・

皆さんは、どんなラーメンがお好きですか?

ラーメンがスープが大切ですよね。

ラーメンを調べてみました。

・札幌ラーメン

現在の札幌ラーメンは味噌味が有名ですが、初期の札幌ラーメンは塩味でした。
バターやトウモロコシを載せた、コーンバターラーメンも有名です。

・函館ラーメン

函館ラーメンは中太のストレート麺で、豚骨や鶏がらベースの塩ラーメンとなっています。
一般的に函館ラーメンは塩ラーメンとですが、地元では単純にラーメンや支那そばと呼ばれています。

・津軽ラーメン

津軽ラーメンは津軽そばの影響を受けて作られたとされ、津軽そばと同じく煮干と焼干の出しをベースにした和風の醤油ラーメンで、 麺は細ちぢれ面をを使うのが一般的とされています。
具のトッピングには、ネギ、チャーシュー、メンマ、そしてナルトの代わりに麩が入ります。

・冷やし中華

昭和12年ごろに夏向けと仙台七夕のためにざるそばを元に作られました。 具のトッピングは、湯がいたキャベツ、塩でもんだキュウリ、スライスしたニンジンとトマト、チャーシューを載せていました。
仙台では涼拌麺と呼ばれることもあるようです。

・喜多方ラーメン

喜多方ラーメンは豚骨ベースと煮干ベースのスープを混ぜて作られています。
味は醤油味で、ちぢれた太目の平打ち麺を使用しています。 具のトッピングはチャーシュー、ネギ、メンマ、モヤシとシンプルなことが多いです。
喜多方ラーメンは源来軒によって広められたとされています。

・家系ラーメン

神奈川県横浜市の吉村屋を元として広まったラーメンです。
家系ラーメンの店は○○家(例:六角家、横濱家など)という名称が多く使われています。
家系ラーメンは太いストレート麺を使用し、豚骨と鶏がらを使った豚骨醤油味となっています
具のトッピングには、チャーシュー、海苔、ホウレンソウが乗るのが基本となっています。

・富山ブラック

富山ブラックは濃い醤油ベースのスープと大量の黒コショウがかけられているのが特徴です。
肉体労働者向けの塩分補給やライスとあわせて食べるために、醤油を濃くし塩分が多くなっています。

・富山ホワイト

富山ホワイトは豚骨ベースのスープが特徴です。

・台湾ラーメン

愛知県名古屋市を中心とした中京地域のご当地ラーメンです。
台湾ラーメンは醤油ベースのスープに、豚のひき肉、ニラ、長ネギ、もやしなどを炒め唐辛子で辛く味付けた具が乗ります。
台湾出身の店主が最初に作ったことから「台湾ラーメン」と呼ばれています。

・ベトコンラーメン

愛知県一宮市や岐阜県岐阜市を中心とした地域のご当地ラーメンです。
ベトコンラーメンは、鶏ガラベースのスープに、ニンニク、ニラ、長ネギ、モヤシなどの野菜を唐辛子で辛く味付けした具が乗ります。 ベトコンラーメンの具は肉がなく野菜だけなのが特徴です。

ベトコンラーメンの由来は南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)が由来だとされています。

京都ラーメン

京都ラーメンは、豚骨ベースのあっさり系スープ、鶏ガラスープに背油をのせた醤油系スープ鶏ガラを煮込んだとろみのある白湯のこってり系スープの3種類があります。
麺は細めのストレート麺で、具材にメンマ、チャーシュー、モヤシ、ネギ(九条ネギ)が乗ります。

・神戸ラーメン

神戸ラーメンは様々な形式のラーメンがありますが、基本は豚肉や鶏がらがベースのスープにストレート麺を使用し、具材として、叉焼(チャーシュー)、モヤシ、青ネギなどが入ります。

・和歌山ラーメン

和歌山ラーメンは醤油ベースと豚骨ベース2種類があり、ストレートの麺を使用します。
具材には、青ネギ、チャーシュー、メンマ、カマボコなどが入ります。

・徳島ラーメン

徳島県の東部を中心とした地域のご当地ラーメンです。
徳島ラーメンは、豚骨でダシを取った豚骨醤油スープに、中細麺を使用してます。

・博多ラーメン

博多ラーメンは豚骨ベースのにごったスープに、極細麺を使用しています。
具材はネギとチャーシューが基本で、キクラゲ、モヤシ、紅ショウガ、メンマ(シナチク)、海苔などが入ります。
また、博多ラーメンは替え玉と呼ばれる麺を追加でお代わりできるシステムがある店が多いです。

・長浜ラーメン

福岡県福岡市中央区長浜のご当地ラーメンです。
長浜ラーメンは長浜にある福岡市中央卸売市場鮮魚市場で働く人のために、早く麺を茹でて提供できるように極細麺を使用するなどの特徴があります。

・沖縄そば

沖縄の郷土料理で、中華麺と同じくかん水を使用した小麦粉の麺を使用しています。
沖縄そばには、ソーキそば、宮古そば、久米島そば、名護そば、与那原そば、やんばるそばなどがあります

まとめ

・様々な、ご当地ラーメンがあり、その地方により、誰の為、どのようなスープで、使用されている具材、トッピング内容は変化がある

・麺類をこよなく愛する日本人の国民性が現れている

アラ還の独り言

調べて改めて思いましたが、本当にご当地ラーメンとして愛された様々なラーメンがあるのですね~

ベトコンラーメン」と書いたラーメン屋さんが、神戸でも派手な看板でオープンしましたが、直ぐに潰れてしまいました。

個人的に、「なんて、イメージが悪い変な事を想像させるラーメン屋さんなのだ・・」と思って見てましたが、今日に、有名なチェーン店だったと分かりました。

そんなんだったら1度位入って食べたらよかった~と思いました(遅い!

私は個人的に、初めてのお店なら味噌ラーメンより、醤油ラーメンを注文してしまいます。

今夜の帰りに寄った、お気に入りのラーメン屋さんで注文するのは、「和風ラーメン」です。

昆布、鰹節、貝柱などで贅沢なスープというより、お出汁に近い味です

個人的にお出汁が大好きなので、どれだけ贅沢に作られてるか、原価が高いのかが、分かるお店のスープです。

麺は特注の平麺で卵麺でチャーシューも美味しいです。

それに煮卵をトッピングして貰うのですが、今日はチラシが有ったので100円のお得でラッキーな夜になりました。

その煮卵も絶妙で、京都に「瓢亭」という「料亭」が有るのですが、忘れもしません。私が女子高校生の頃の話になりますが、その時から私は美味しい物を食べるのが好きで(笑)

その時の話はこちらをご覧くださいね。

それこそ、「あれから40年」そうです、私は、なんと40年前の高校生の時にお年玉貯めて10000円持って(今の10000円の貨幣価値とは違うと思いますが・・(笑)

京都に「銀閣寺」を見に行って、その帰りに、勿論、こちらが「メインエベント」なのですが、「瓢亭」の「瓢亭卵」を食べたいが為に女友達と2人で、怖い物知らずなので、「瓢亭」の「本店」に「いちげんさん」は入れないのも知らずに乗り込んで行ったのでした・・(怖!)(

そしたら、中から「女将さん」みたいな上品な女性が出てこられて、さぞかしビックリされたかと今思い出しても笑えますが、「どうされましたか・・?}「こちらはお昼はこれほどしますが、大丈夫ですか?」と書いてたお品書きが、(40年前ですよ)確か「2万6000円~」と書いてたと思います・・(笑)

私は瓢亭卵を食べにきました!」とか必死で訴えたと思います・・(さらに怖い!笑)

そして女将さんが「そうしたらお店をお間違えやと思いますので、こちらのお店でお食べ下さいませね」と一般人が行ける本店では、なく支店の方へ案内して貰ったと思います。

そこで、頂いたお昼の御膳の中に「鎮座」まします「瓢亭卵」は、やんごとなきお味で大満足して「し・あ・わ・せ!」を感じながら「瓢亭」を後にしたのでした・・

たしか「7000円」近くお払いしたと思いますが、今思い出すと、本当に高校生が何を考えていたのか・・(笑)と笑ってしまう青春の怖い物無しの思い出になっております・・

その「瓢亭卵」に近いお味が、そこのラーメン屋さんの「煮卵」なのでありますよ。

是非、皆さま、ご賞味あれ。

場所は阪神御影駅の南側の「天風」というお店です。

けっこう、有名人も通われたりしてるそうです。

そこのマスターは「原田泰造」が「ハンチング」被ってる感じです(笑)

和風ラーメンは700円で「煮卵」トッピングは100円になってます。

今日も出逢った全ての皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする