シャーデンフロイデの意味とオキシトシン

毎朝の「マインドフルネス」「師匠」からお借りして読みました。

シャーデンフロイデの意味は・・?

他人を引きずり下ろした時に生まれる快感

「他人の不幸で今日も飯がうまい」の略で「メシウマ」

というネットスラングがあります。

成功者のちょっとした失敗をネット上で糾弾して喜びに浸る、

この感情のことを、脳科学・心理学の世界では

「シャーデンフロイデ」と呼ばれています。

この単語はドイツ語で、Schadenfreudeと綴ります。

Freudeは喜び、Schadenは損害、毒、という意味です。

これらは、ある種の週刊誌の売り上げを下支えする感情、

といってもいいかもしれません。

「最近目立っているあの人」に対し、

「あの点をこうすればいいのに」

「どこがいいの」

「上から目線で気に入らないんだよね」

などという形で”検出”が行われ、

「ちょっと痛い目に遭えばいいのに」

「コメント欄で炎上させてやれ」

「ツイッターで攻撃してやれ」

「どうもへこんでいるらしい」

「いい気味だ」

というように、”排除”が実行されていきます。

いわゆるバッシングですが、この犠牲になった人の例は

いくらでも挙げられるでしょう。

近年は橋下徹さんや堀江貴文さん、西野亮廣さんらが

標的になることが多かったかもしれません。

オキシトシンとは・・?

「愛情ホルモン」「幸せホルモン」と呼ばれています。

オキシトシンは、「愛情ホルモン」「幸せホルモン

などと俗に呼ばれて、基本的には人間に良い影響を与える

物質と考えられています。

「オキシトシン」は、1906年に、ヘンリー・デール

という人が発見しました。

ちょっと変わった名前ですが、その由来は

「迅速な出産」という意味のギリシア語からきています。

脳下垂体をすりつぶした汁が、陣痛を引き起こすことを

発見したデールは、この汁の中に、出産を速める物質が

含まれているに違いないと考えて、その名前を

「オキシトシン」と名付けたのです。

「オキシトシン」は、出産や授乳に関わるホルモン

ではありますが、メスまたは女性の体内でだけ分泌される

わけではありません。

オスまたは男性の脳内にも「オキシトシン」は存在し、

神経伝達物質として、さまざまな働きをします。

たしかに、「オキシトシン」は、女性ホルモンである

「エストロゲン」によって増幅され、一般的に

女性的なものとされる包容力であるとか、協調性、

人と仲良くなることを好む傾向、養育者としての適性

といった性質が、強く現れるようになります。

しかし、男性にもこうした性質を強く持つ人は増えてきて

います。

そう感じる人はたくさんいるでしょう。

何なら、こうした傾向を持つ男性を

“オキシトシン男子”

と名付けてもよいくらいかもしれません。

戦う力や性欲、恋愛に対する強い情熱、そして稼ぐ力は

そう高くはないけれど、人の話をよく聞き、なごやかで、

やさしい。

あまり他の女性に目移りすることもなく、貞操をまもる。

一緒にいるとほのぼのとして、落ち着く。

「オキシトシン」の分泌量の多さは、肌のきめ、髪のツヤ、

見た目のかわいらしさにも反映されます。

むしろ、近年のトレンドとしては、こういう男性のほうが

女性から人気があり、モテる、という現象が顕著に

なってきているのではないでしょうか。

シャーデンフロイデは「妬み」感情と不可分なもの

さて、それではなぜ

「愛と絆のホルモン」

「幸せホルモン」

という好ましい俗称で呼ばれるこの脳内物質が、

「シャーデンフロイデ」などといういやらしい、

持っているだけで恥ずかしくなるような感情を

、同時に強めてしまうのでしょうか 。

実は「人と人とのつながりを強めるのが、

「オキシトシン」の本質的な働きである」

と考えると説明がつくのです。

専門的な表現を使うと

「愛着を形成する」

という言い方をしますが、誰かとの間に情緒的な特別な

絆ができるとき、脳では

オキシトシン」

がその回路を形作るのに一役買っています。

裏を返せば、人と人とのつながりが切れて

しまいそうになると、「オキシトシン」

「私から離れないで」

「私たちの共同体を壊さないで」

「私たちの絆を断ち切ろうとすることは、許さない」

という感情を促進させ、関係性が切れるのを阻止しよう

とするのです。

当然、男女の恋愛にも大きく影響します。

友人や会社の仲間、地域共同体など、グループの関係も

同様です。

「他人の失敗」を見ると快楽を覚える本質理由

生物種としてのヒトに仕組まれた特性だった

「シャーデンフロイデ」が、「妬み」感情と不可分である

ことを前提とすれば、

オキシトシン」は、「妬み」から「シャーデンフロイデ」

至る一連の感情の流れを強めてしまう物質であると考える

ことができるでしょう。

なぜ人間の長い歴史の中で、持っているだけで苦々しく

なるようなこの「シャーデンフロイデ」という感情が

なくならなかったのでしょうか。

盲腸にさえ、存在する意味があるということが近年、

明らかになってきたといいます。

まして脳は、人体の中で最も燃費の悪い臓器であり、

そこまで余裕のある器官ではありません。

不要な機能は、どんどん切り捨てられていきます。

生物種としてのヒトに仕組まれた特性

「シャーデンフロイデ」「妬み」といった

ネガティブ感情は、一見ないほうが良いように思えても

何らかの重要な機能を担っているはずなのです。

「シャーデンフロイデ」「妬み」は、個人の間でも

生じますが、集団内で生起したときに、集団にとって

都合の悪い個体を標的として「発見」し、「排除」

するために使われます。

ヒトは、集団を構成することで生存確率を高め、

生き延びてきた種であると考えられています。

すると、最も生存確率を下げるネガティブ要因が、

集団の崩壊になります。

集団というのは構成員が少しずつ犠牲を供出することに

よって成立しています。

たとえば、時間、労力、金銭的な負担、心理的負荷などの

リソースがそれにあたります。

これらを集め運用して、そのメリットをみんなで

享受するのが集団の構成要件です。

たとえば、そこに一人だけ、リソースを供出しない人が

存在したと考えてください。

供出しないにもかかわらず、メリットを享受している。

つまり、その人一人だけが得をしているという状態です。

リソースを供出せずともメリットを受けられるなら

自分たちも供出をやめようと他の構成員が考え始め、

リソースを供出し続ける真面目な構成員の負担が

大きくなります。

すると、あっけなく集団は崩壊します。

このような事態を避けるため、リソースを供出しない

一人を排除するか、その行動を改めさせる必要が生じます。

これが社会的排除の原理です。

最近目立っているあの人、として人々の目に映るのは、

既存の社会を壊そう、変えようとする人のことです。

こうした人の台頭を許さないというのは、生物種としての

ヒトに仕組まれた特性なのです。

考えてみれば、シャーデンフロイデも、妬みも、どちらも

ヒトに固有といっていい感情です。

この感情を繙くことで、人間性、などという

うさんくさい言葉にかき消されてしまわない、

真の人間の本質が見えてくる、と私は考えています。
(「東洋経済」より抜粋)

アラ還の独り言

「シャーデンフロイデ」他人を引きずり下ろす快感

この本は、面白かったので、すぐに読んでしまいました。

「正義感が引き起こすサンクション」

「人の脳は誰かを裁きたくなるように出来ている」

「ソロモンアッシュの同調圧力実験」

「ミルグルム実験の恐るべき結果」

などなど、興味深い話題ばかりで、楽しく読めましたが、

突き詰めて行けば各々に心当たりがある話だと思いました。

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする