億り人になりたい彼女の話

「億り人」と言う新しい言葉を昨日は、米子から出て来た思わぬ友達

から聴く事になりました。

億り人になりたい彼女の話

私は、今、訪問介護の正社員になったので、1日に4回程の介護を

担当しています。

なので、介護~介護への移動時間しか自分の時間のない生活に

なっております。

色々なハプニングが有り経済を少しでも安定させる為に、

家賃を捻出する為に選んだ道でありますが、また新しい出逢いが

有りましたので、自分の選択を、誉めてあげたい気持ちでおります!

時間が無い私なので、その米子からのお友達に会うのにも、

申し訳ないですが、彼女に私の最寄りの駅まで来て貰って会いました。

待ち合わせした時間にお互いが行ってたのに、連絡がなくて、私は、

今日は「前に人に会ってから来る」とか言ってたので、

それが延びたのかと思って、「今日は、ないな」と思って、

その時間は自分の休憩時間にしようと思って、取り敢えず、

待ち合わせ場所の阪神御影の駅前のクラッセというショッピングモールの

中の、タダでコーヒーの試飲をしているCALDIに行き(笑)

コーヒーを飲んでいたら、彼女から連絡が入りました。

「スタバにいます」との事だったで、すぐに行くと、

満席で座る所がなくなっていて、同じ1階にある、

「ケーニヒスクローネ」に異動しました。

まあ、会って、ビックリしたのは、彼女が、なんと垢抜けしていた事!

なのです(笑)

私がクラッセに入る前に「スタバ」の前で、髪の毛の茶色い

ショートカットのセレブな感じの女性が電話していて、

人目を引いていたので、思わず、お顔を見てしまったのですが、

少しビジネスしてるキツイ感じの綺麗な人でしたので

、私は、米子から来た私の知ってる彼女を探していたので、

「彼女じゃないな」とスルーして通り過ぎたのですが、

その人が、なんと、私の待ち合わせをしていた彼女だったのです・・(笑)

彼女とも話をして、大笑いしたのですが、私の知ってる当時の彼女は、

今の私と同じ様に経済的に貧困状態で、用事で大阪や神戸に

遊びに来た時は、必ず一緒に食事をしたりしていて、安い所でしたが、

私が、ご馳走した事も有ったりしたと思います

「どん底仲間」です

「どん底話」が、出来るようになったと言う事は、

その時よりは、浮上したと言う事なのですよね(笑)

本当に、その時の彼女は、助けを求める子犬のような眼差しを

していたのです。

美人なので、その哀れで、悲しそうな眼差しが、印象深く残っていました。

それが、2~3年前の話やったかな・・?

たまに、私からラインは送っていて、私の最近のビッグニュースの

バツ2になりましたの話も、伝えていました(笑)

話は、元に戻しますが、私は、いきなり

「今、何の仕事してるの?」

「雰囲気がセレブになってるんやけど・・(笑)」

と、突っ込みを入れてみました。

そしたら、ビットコインで少し儲けたみたいな話をしてくれました。

彼女・・「私の周りの人が何人も「億り人」になってるねん」

私・・・「億り人」ってコインで儲けて億万長者の「億り人」の事かな?」

彼女・・「うん」

私・・・「え~っ!?」「出た!私の周りの「億り人!」

アラ還の独り言

知り合いが「成功」してるのを聴くのは幸せな事ですよね。

彼女も、私、「アラ還」と同じく「素直な良い子」(笑)だったので、

「神様が見ていて下さってたんやね」

と、二人で、話をしながら泣きました。

「凄い人と知り合った事で、私の人生が変わってきています」

と言っていました。

その人は、私の行きたいシンガポールの「マリーナベイサンズ」

のホテルの近くに凄いマンションが出来るそうで、

そこのトップフロアは、フィリピン人の富豪が買うそうなのですが

その下を買われるそうです。

夢の話ですよね~

でも、彼女は、その人にサポートをして貰いながら、頑張ってる

そうなのです。

近々、私にも紹介してくれるとの事でした。

何かが繋がれば人生変わりますよね!

明日は、現実に「億り人」と言われてる人の話を書いてみたいと思います。

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする