やめた人から成功する。人生の我慢。仕事の我慢をやめる。

「脳科学・マインドフルネス」の「師匠」にこの本をお借りして

読みました。

面白い内容でしたので、シェアしますね。

やめた人から成功する

「逃げる」ことから逃げない。

「最後まで諦めない事が大切なのよ」と「我慢」を強要してくる人の顔を

見ると、だいたいは、老け込んでいます。

つまり、我慢に我慢を重ねた人生を歩み続けると、そういう顔になります。

その人の思想や行動パターンは、その人の風貌を創り上げていくのです。

我慢を強要してくる人は、自分が我慢人生を生きてきた人です。

自分が受けた苦痛に、貴方を通して復讐しているのです。

しかし、本来「俺が我慢したんだからお前も我慢しろ」という理屈は

通りません。

やるだけやってダメなら、さっさと逃げる事も大切です。

「我慢」している人は、他人にも「我慢」を強要してきます。

あなたが「我慢」の人生に巻き込まれれば、あなたも他の誰かに「我慢」

を強要することになります。

「苦労すれば報われる」ほど人生は甘くないです。

薄々気づいています

本音から目を背けないことを。

本音で生きることが、

幸せのスタートです。

好きな人と好きなことだけ出来るのが、極上の人生。

一番近くで、一番高級なホテルに足を運んで貰いたいです。

平日の昼間から、まるで異次元のような優雅な空間で、アフタヌーン

ティーを楽しんでいる幸せそうな人たちがおられます。

理想を理想で終わらせない人達は確実に存在するのです。

「いい人」ほど、短命。

「いい人」が必ずしも幸せになっているとは限らないことに気づくでしょう。

それどころか、「いい人」ほど短命で有る事に驚かされるはずです。

「いい人」は周囲を不快にさせないよう、凡人が気づかぬ所で、

我慢に我慢を重ねて人知れず皆を助けてくれていた人です。

貴方は、寿命を縮めてでも、「いい人」になる覚悟が有るでしょうか?

「わがままな人」ほど、長命。

その上好き放題、やり放題の人の方が、概して長命です。

我がままに生きると、我慢に我慢を重ねている人からバッシングされます。

でも、それでますます強くなり、我慢を強要してくる人から逃げられる

ようになるのです。

我儘が足りない人ではなく、我慢し過ぎた人が犯罪者になるのです。

自分の人生は、

人に嫌われないためにあるのですか。

それとも、

やりたいことを実現するために

あるのでしょうか。

我慢しなくてもいい環境作りが、正しい努力。

我慢それ自体が

目的になってしまったら、

いずれポキリと折れてしまいます。

努力それ自体が目的になってしまったら

何も成し遂げられないのです。

他人の夢の奴隷にならない

何も考えずに我慢していると、他人の夢を実現させるための歯車の

一つとして扱われてしまいます。

「仕事」の我慢をやめる

我慢に慣れると召使の背中になっていく。

人の生き様は背中に表れます。

自分には見えなくても、

自分以外のすべての人に

背中は見られているのです。

我慢を減らさない出世は、偽物の出世。

本当の出世は、毎日が夏休みの様に充実している人生です。

出世する度に我慢が減っていかなければおかしいのです。

我慢が増え続けている不幸な上司を反面教師にして、自由気ままな

肌艶のいい上司の思考パターンをインストールしましょう。

雑用こそ、我慢しなくてもいい方法を考える。

独立する場合もサラリーマン人生をまっとうする場合も、

やらなければない雑用からは、にげるのではなく楽しんでしまうことです。

こうして、雑用に苦痛を感じなくなった頃、あなたは、もう雑用をさせて

貰えなくなります。

断る理由をしつこく聞かれても、返事はしなくていいのです。

こんな事で我慢をする必要はありません。

我慢に慣れる方が楽ちんになります。

我慢することが辛いと思っているうちはまだいいのです。

本当に深刻なのは、我慢が我慢だと気づかなくなってしまうことです。

我慢は麻薬と同じで、次第に中毒になっていくのです。

我慢を我慢だと気づかなくなったら最後。

寿命をとことんしゃぶりつくされるのです。

嫌いな仕事で成功したら、死ぬまで嫌いな仕事が続きます。

間違って大嫌いな仕事で成功してしまったら、この先の人生は、

ずっと大嫌いなことだけで埋め尽くされてしまいます。

ズハリ本音を口にしないと、相手をつけ上がらせてしまいます。

交渉事で格下の相手に、なめられないためには、ズバリ本音を

伝えることです。

本音というのは、ロジカルではなくエモーショナルなものなのです。

エモーショナルとは「好き嫌い」の事です。

「好き嫌いというエモーショナルな話は、揚げ足を取る余地を与えません。

「嫌いな物は嫌い」

「嫌な物は嫌」

それで、格下をノックアウトできます。

上司や先輩の企画潰しに屈服しない。

やる気のあるサラリーマンにおいて、上司や先輩に対するストレスは

二通りあります。

一つは企画を潰されるストレスです。

もう一つは、上司や先輩を超えた事によって説教されるストレスです。

どうせ、ストレスが溜まるのなら自分は、どちらを選ぶか、

あらかじめ決めておく事です。

正解も模範解答もありません。

正解や模範解答は100%貴方が、自分で決めてよいのです。

仕事の相性は能力ではなく、時間の感覚が一致するかどうか否かです。

一緒に仕事ができるあ否かは、能力が決めると思っている人は多いです。

確かに能力は大切な要素では有りますが、決定打では有りません。

どんなに能力が有っても、時間の感覚が一致しない相手とは仕事は

できません。

換言すれば、時間の感覚とは能力そのものなのです。

自分より時間の感覚の遅い人に関わると、その遅い人に合わせる

羽目になってしまいます。

時間泥棒とは二度と会わないことも、成功を掴むためには必要な事です。

アラ還の独り言

「やめた人から成功する」 千田琢哉著

今日から「NO」を言うべき63のこと

我慢していても、明日は変わらない。

新しい挑戦の為に、背中を押してくれる言葉が満載です。

続きは、明日に・・

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする