イグノーベル賞が笑えます。猫は液体です?

猫は液体なのですね~(笑い)ちょっと見てみませんか!

「猫は液体か?」 イグ・ノーベル賞で話題になった「猫は粘度の高い液体」説。

イグノーベル賞って何ですか?

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から

「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞です。

「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・

ノーベルの姓に否定的な接頭辞「Ig」をつけた造語で、下等な、下品な、

見下げたという意味の「ignoble」を掛けたジョークです。

イグノーベル賞は、イスラエルで発刊された科学ユーモア雑誌

「ジャーナル・オブ・イレプロデューシブル・リザルト

(再製不能な結果ジャーナル)」誌の編集者であったマーク・エイブラハムズ

が1991年に創設しました。

賞の主宰は95年からはエイブラハムズ自身が立ち上げた

「アナルズ・オブ・インプローバブル・リサーチ

(ユーモア科学研究ジャーナル)」誌に引き継がれ、ハーバード・

コンピューター協会、ハーバード・ラドクリフ物理学生協会、

ハーバード・ラドクリフSF協会が協賛し、現在に至っています。

ノーベル賞と同じ、物理学、化学、平和、経済学、医学生理学、

文学のカテゴリーの他、公衆衛生学賞、心理学賞、昆虫学賞など本家

ノーベル賞には無いカテゴリーも随時追加されています。

毎年10組に贈られますが、受賞の内容は非常に真面目な研究も多い

かたわら、とんちんかんなものや、時には、水爆の発明者であり

スターウォーズ計画を提唱したエドワード・テラーが

「一般とはまったく違った意味を『平和』に与えた業績を称えて」

91年度のイグノーベル平和賞を授与されたといった強烈な皮肉も

含まれています。

ユーモアと笑いにあふれる授賞式は毎年10月に、ハーバード大学の

サンダーズ・シアターで行われます。

受賞者の出席費用はすべて自費で、スピーチでは必ず聴衆を笑わせなければ

なりません。

イグ・ノーベル物理学賞は・・・

「猫は固体と液体になれるか?」

(Can a Cat Be Both a Solid and a Liquid?)」

の研究に贈られました。 

鍋物の季節です

液体とは、容器に合わせて形を変えること。ならば、猫は液体か?

入れ物によって形が変わります

  入れ物によって形が変わります

イグ・ノーベル物理学賞「猫は固体と液体になれるか?」の研究が受賞 液体が容器に合わせ形を変える性質に着目

アラ還の独り言

猫は固体か液体か・・?などという発想が信じられなくないですか・・?

(笑)

確かに、可愛い可愛い、にゃんこちゃんは、様々な形に変化して我々を

癒してくれますけどね~(笑)

こういうのを、真剣に語ってしまうのが大人の一級のお遊びという

のでしょうね。

素晴らしいですよね!

ゆとりというのでしょうか・・(笑)

また、面白いのを探しておきますね。

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする