369の数字の意味も凄かった

昨日、「358」の数字の意味を調べて凄いなと思ったのですが、

友達が「369」という数字の事を前に話してたのを思い出したので、

調べてみました。

369の数字の意味も凄かった

カバラ数秘術も凄い

カバラとは、ユダヤ教神秘主義思想のことで

ヘブライ語で

「授けられたもの」

という意味で

「神から授かった宇宙の叡智」

を意味するので正に

「宇宙の真理」

と言えるものでしょう。

陰陽道では、迦波羅((カバラ)といいます。

以下の日付、時間の数字の奇妙な一致に注目して下さい。

911同時多発テロ2001年9月11日 8時46分

311東日本大震災2011年3月11日 2時46分

阪神淡路大震災 1995年1月17日 5時46分

近年の大地震の日付を、カバラの数秘術を使うと・・・

311東日本大震災 2011年3月11日=2+1+1+3+11=18

新潟中越沖地震  2004年10月23日=2+4+1+2+3+6=18

パキスタン大地震 2005年10月8日=10+8=18

中国青海省地震  2010年4月14日=4+14=18

阪神淡路大震災  1995年1月17日=1+17=18

ロサンゼルス大地震 1994年1月17日=1+17=18

サンフランシスコ地震 1989年10月17日=1+17=1

すべて、18=6+6+6(ミロク)になります

3の倍数 3・6・9 に繋がります

地球の自然や時の流れ、宇宙の法則などを紐解いてゆくと、

3の倍数である『3・6・9』(ミロク/弥勒)

に繋がってゆきます。

古来の暦では、新月から満月までの間隔約30日を

12回繰返すことで、1年と定めておりました。

そして、1日は24時間、1時間は60分、1分は60秒

というように、時の流れは基本的に3の倍数で

構成されています。

人間の身体や時間の流れに関する数字でも、

人間の体温は約36度、

呼吸数は1分間に18回、

平均脈拍数は72拍、

最高血圧は144mmHg、

赤ちゃんが子宮の中にいる日数288日、

女性の生理周期は約30日など3の倍数になっています。

※人体と海は繋がっているとされていて、

海の波の回数も人間の呼吸数と同じ1分間に18回、

また羊水と海水の成分は非常に似ています。

他にも、人に関する数字として、

男子の元服(成人とみなす歳)は12~15歳、

女子の元服(江戸時代以降より)は18歳、

厄年/男性 24歳・42歳、女性 18歳・33歳(諸説あり)

教育は小学校6年間、中学校3年間・高校3年間、

還暦のお祝い60歳など、3の倍数が基本となっています。

人間の感覚は、視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚・第六感の

6つあるといわれ、

三位一体、三三九度、石の上にも3年、三日坊主、

煩悩は108つ…など、3(倍数)にまつわる言葉が

数多くあります。

※日本では3は『満つ』「充つ』に通じることから、

縁起のよい幸運を呼ぶ数字とされています。

時の流れは、時計を見ても分かるように円の数値で

構成されていますので、基本的に3の倍数になっています。

そのため、巡るもの(時間・季節など)は、

3・6・9の回転数で構成するのが自然ですね

現在のカレンダー(太陽暦)は1週間を7日で

区切っていますが、

月のカレンダー(太陰暦)の方が人間のリズムには

合っている気がします。

結晶の世界では6が基本の数字とのこと。

雪の結晶は六角形

ハチの巣のハニカム構造

イギリス・北アイルランドにある

ジャイアンツ・コーズウェイ』は

柱状節理と呼ばれる六角形の柱を束ねた地形をしています。

日本の伝統模様『麻の葉模様』も6角形パターン。

麻の葉には魔除けの力があるとされ、吉祥文様として

親しまれています。

この図形も369の構造でできていますが、眺めていると

中心に吸い込まれてゆくような、図形が動いているような

不思議な感じがしますね。

「ソルフェジオ周波数」

癒しの音とされるソルフェジオ周波数の音階は、

147・258・369の組み替えで構成されており、

ソルフェジオ音階の九芒星は

DNAの二重螺旋構造の断面になります。

ソルフェジオ周波数とは・・?

実は音というのは、人間の細胞にとって非常に重要

なのですが、TVで流れている音や流行の曲は人間が

催眠状態になったりや洗脳されやすい音の周波数を

使用しているそうです。

その周波数がA=440Hzという調律だそうですが、

これは国際標準で決められた音の高さとのこと。

レオナルド・G・ホロウィッツ(著)

『ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz

人間をコントロールする「国際標準音」に隠された謀略』

に詳しく描かれております。

A=440Hz(ヘルツ)という調律は、人間の脳を萎縮

させたり、洗脳しやすい状況に導く音だそうです。

ビートルズはその周波数の音楽を使って世界を熱狂させた

のですが、ジョン・レノンはそういった音の悪用に

反発するようになり、癒しの音を求めて音楽性を

変えたために、殺害されたとされています…。

その癒しの音というのが

ソルフェジオ周波数

というもので、

A=444Hz → C=528hz という周波数とのこと。

C=528hzはどういう音かというと、

『1秒間に528回の振動』

する音だそうです。

いわゆるヒーリング音楽・水のせせらぎの音・民族音楽

・古代の宗教音楽といった、人間が心地よく

(人によっては懐かしく)感じる音がこの周波数の

ようですね。

369は宇宙からのメッセージ

直線的な数字の繰り返しがミロクの世界に

369は宇宙からの面白いことに、0,1,2,3,4,5,6…と並べた

数字を3つずつ足してゆくと、その和(2桁以上の場合、

1桁まで足す)は3・6・9の繰返しになります。

並べた数字を1つ飛ばしで足しても、その和は

3・6・9を繰返してゆきます。

直線的な数字の並びですが、ミロクの世界になっていますね!

カバラ数秘術によると

「3」は創造

「6」は愛情

9」は知恵

を意味しますので、創造と愛情と知恵によって、自然や宇宙が

構成されているということでしょうか。

弥勒菩薩のお話

弥勒菩薩はブッダに・・・

弥勒菩薩は釈迦(シャカ)の次に仏陀(ブッダ)になることが

約束された菩薩(修行者)で、釈迦の入滅後56億7千万年後の

未来にこの世に現れて悟りを開き、人々を救済すると

されています。

56億7千万年も5+6+7=18→9になり、

知恵と過去・現在・未来がキーワードの年になります。

(天宮の歳時記ブログより出典)

アラ還の独り言

昨日の「358」も凄いなと思いましたが、今日の「369」は、

地震などの災害が「ミロク 18」でつながってたり、九芒星やビートルズ

のジョン・レノンの話も出て来て、なんか怖くて、これも本当に宇宙からの

メッセージで成り立っているのだと、納得してしまう「369」のお話

でした。

調べたら調べるだけ、怖くなってきましたね。

知らない方が、良かったと思う事も、我々、アラ還年代にもなれば、

色々まじにありますよね。

大人になるって

(3回目の成人式が近づいてこようとしている今日この頃ですが・・)

「そんな事や、こんな事、全て含んで自分の脚て立つ!」

となるという事なんですが、3回目が近づいて来てる我々アラ還、

ベテランになると、いったいどうなんでしょうか・・?

全てを含み過ぎて、体重も比例して重たくなり、自分の脚では

立てなくなり、訪問介護に来て貰う必要性が出て来てたりして・・(笑)

そうならないように、元気でいないとですよね。

最近、訪問介護して、さっそく、腰がやばくなっていましたが、

昨日から貼るカイロのお世話になりましたが、やはり、良いですね~

少し安心しています。

炎症だったら冷やさないとダメなのかな?とも思っていたのですが、

どうも、身体が相当硬くなっていた感じがしてたのが、カイロのお世話に

なって、滞っていた血液が流れていってる感じがしています。

本当に炎症過ぎて腰痛持ちに、ならないように自分で自分の手当てを

ちゃんとして行こうと思います。

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

身震いするほど当たる!あの超人気タロットカードがついに商品化!【MIRA-ミラ-】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする