インフルエンサーとは何ですか?インフルエンサーマーケティングとは?その事例と注意点とは?

最近良く耳に入ってくる言葉ですが、どういう意味なのかを調べてみました。

インフルエンザでは、ないですよ~(笑)

インフルエンサーとは何ですか・・?

英語でinfluencerは、「影響者」を意味しています。

人々に影響を及ぼす人物をいい、とくに人気のある芸能人やスポーツ選手、

識者などの有名人をはじめ、あるコミュニティや分野のなかで大きな

影響力をもつ人の事を言います。

また、その発言が信頼される人も含まれます。

インフルエンサーという言葉は、ブログの利用者が急増した

2007年頃から、流行語のように頻繁に使われはじめました。

インターネット上のブログSNS(ソーシャル・ネットワーキング・

サービス)などのソーシャルメディア、口コミサイトが普及し、

ある人物の発言が多数の人へと伝播しやすくなったことで、

口コミの起点になったり、情報を増幅する役割を果たしたりするなど、

情報の中心的な存在となり、カリスマ的な人気を博す人が、

ネット上に数多く登場するようになりました。

その後、このことばが使われる頻度は落ちたものの、特定の得意分野や

専門分野のスペシャリストなどは、インターネット上で依然として

大きな影響力をもち、彼らがSNSなどに投稿するたびに、

たくさんのPV(ページビュー)やトラックバックを得ています。

インフルエンサーマーケティングとは?

昨今、SNSの台頭によりWEBマーケティングのトレンドとなりつつ

あるのが、インフルエンサーマーケティングです。

ある商品やブランドがターゲットとするコミュニティや

セグメント内において、周囲に影響力のある人物を選定し、

その人物を通して本来のターゲットへとアプローチする

マーケティング方法です。

インフルエンサーマーケティングイメージ

(「Pant Graph」より抜粋)

インフルエンサーマーケティングの事例とは?

インフルエンサーマーケティングが、日本で最も主流な場として拡大

しているインスタグラムにおいては、以下のような投稿が

インフルエンサーマーケティングに該当します。

今回紹介する事例は、

・「#PR」のハッシュタグが付けられている
・いいね!数は1000以上の投稿(※
いいね!数等は、2018年2月時点)

を選定基準としています。

また、投稿に記載のあるハッシュタグから企業名及び施設名を

記載しています。

また、フェイスブックFacebookやリンクトインLinkedIn、

グーグルプラスGoogle+をはじめとするSNSでは、

インフルエンサーの影響力の大きさが測定できる

ソーシャルスコアリングが可能になっています。

このソーシャルスコアの記録を活用したインフルエンサー・

マーケティングを、企業の販売戦略として活用する動きも広がっています。

グルメ・スイーツ 食べ物の投稿に特化した

「デリスタグラマー」をきようして成功した事例

デリスタグラマーとは、美味しそうなフードやスイーツを中心に

投稿しているインスタグラマーのことを指します。

バリラジャパン×Rieさん(1,311いいね!)

まずはおうちごはんの投稿で人気を集めているデリスタグラマー、

Rieさんの投稿をご紹介します。

Rieさんの投稿は、なんといっても見ているだけでお腹が空きそうな

おうちごはんと手作りおやつの写真が魅力的です。

バリラジャパンのPRでも、商品が最も生かされるように、

美味しそうなラザニアを作って投稿しています。

さらに、主婦なら誰もが気になる「時短調理」にも言及することで

、時短の便利さに驚く声がいくつもコメント欄に寄せられており、

効果的に商品の魅力を発信することに成功しています。

(「Insta  Lab」より抜粋)

インフルエンサーは多くの場合、新製品の購買などの意思決定に大きな影響力をもっています。

そこで、企業などでは従来のマスメディア広告と連動しながら、

質の高い口コミをインターネット上に広げていくため、新製品情報

などの発表にあわせ、インフルエンサーにアプローチすることが

定着しているのです。

2010年頃には、企業側がインフルエンサーを活用した宣伝、

インフルエンサー・マーケティングに取り組むようになっていきました。

インフルエンサー・マーケティングが成立した背景には、

ジャーナリストのマルコム・グラッドウェルが2002年に発表した

『急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則』

がベストセラーになったこともあって、広告よりも口コミの方が

顧客獲得単価が高いという認識が産業界に広まったことにあります。

阪急梅田本店×きょん。さん(4,008いいね!)

きょん。さんはカフェスイーツに特化したデリスタグラマーです。

フリーランスのフォトグラファーとして活躍しているだけあって

インスタの投稿もおしゃれな構図で撮影されたスイーツで統一されており、

スイーツやカフェ巡りが好きな女性からの支持を集めています。

そんなきょん。さんがPRしたのは阪急うめだ本店で開催していた

(2018年2月14日まで)、阪急バレンタインチョコレート博覧会で

販売している「たい焼きソフト」

普段の投稿とは少し異なり、白背景にたい焼きソフトを真ん中に写す

というシンプルな画像にすることで投稿一覧の中でも目を引く投稿に

なっています。

さらに、この投稿は阪急バレンタインチョコレート博覧会の

イベント特設アカウントのタグ付けもされており、きょん。さんの投稿を

きっかけにイベントを知ったユーザーが簡単にイベント特設

アカウントへアクセスできるようになっています。

投稿からわずか2日(記事更新日時点)でいいね!

数は4000を突破しており、実際に

「これ食べたい!」

というコメントも寄せられています。

(「Insta Lab」より抜粋)

インフルエンサー・マーケティングの注意点とは?

インフルエンサーはあくまで個人に過ぎず、その言動をスポンサーが

コントロールするようなことが出来ません。

そのため、インフルエンサーの不適切な言動によって製品のイメージに

傷がつくこともあり、マーケティング手法としては諸刃の剣に

なりうる事があります。

商品を提供したり、金銭のやり取りが発生するなど、

インフルエンサーが対価を得てインスタグラムに投稿する場合

は、広告であることが明確にわかる表記を行いましょう。

もし広告であるにも関わらず、広告ではないかのように

見せてしまうと、ステマ(ステルスマーケティング)

として炎上したり、景品表示法違反となる場合があります。

そのため、インフルエンサーに投稿してもらう際には

「#PR」といったハッシュタグなど、広告であることを

明記してもらうことを忘れないようにしましょう。

(「Insta Lab」より抜粋)

アラ還の独り言

インフルエンサーって、今の花形の言葉であり、職業な感じがしましすよね。

職業という意識を持たずに仕事になって収入が入ってきますという

感じでしょうか・・

巻き込み力は私も少しは有るかなと思っていますが、全ては楽しい

人生に向けての一歩ですよね~

庶民レベルでコツコツ楽しんで行きましょう!

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする