訪問介護でヘルパーにして貰える事、して貰えない事

訪問介護の仕事をしていますが、ヘルパーに何でも頼んでくる方が

多いのですよ。

1.ヘルパーとは何ですか?

「ヘルパー」と一口に言っても、介護保険における訪問介護だけではなく、

広義では家政婦紹介所などから派遣され、家事全般や病人のお世話を

してくれる家政婦さんや、施設・病院で働く人も「ヘルパー」と

呼ばれることがあります。

しかし、介護保険制度のもとでの「ヘルパー」は、ケアプランに則った

支援以外のことは、原則できないことになっています。

ところで、「ヘルパー」「ホームヘルパー」という言い方は

あくまで通称で、正式には「訪問介護員」と言います。

・ヘルパーができるのは、どんな人ですか?

施設のように多くの職員が協力し合ってケアするのと異なり、

ヘルパーは自宅で暮らしている利用者さんに1対1でのサービスを

提供するため、常に高いスキルと経験が求められます

そのため、訪問介護を提供できる人は、かつては

「ヘルパー2級以上の者」と定められていました。

2013年度からは、ヘルパー2級に代わる新たな資格として、

「介護職員初任者研修」が誕生し、ヘルパー2級・1級の養成は

行われなくなりました。

しかし、呼称や資格は引き続き有効です。

訪問介護で仕事をできるのは、以下の人たちです。

介護福祉士(国家資格)

ヘルパー1級・2級(訪問介護員養成研修修了者)

介護職員初任者研修修了者(2013年度より実施)

介護職員基礎研修課程修了者(2006~12年度まで実施)

これ以外にも、社会福祉士、看護師・准看護師など、都道府県ごとに

政令で定められた資格取得者や研修修了者が訪問介護の仕事に

就くことができます。

就労時には、研修の修了証明書の提出が必須のため、無資格の人が

こっそり働く、などということはできません。

2.ヘルパーの仕事範囲はどこからどこまでですか?

「ヘルパー」の仕事内容は、通常の掃除や洗濯、調理など、

日常的な家事を提供する「生活援助」

食事介助、入浴介助、排泄介助、

あるいは歩行介助など、直接利用者の身体に触れる

「身体介護」の2種類に分類されます。

この二つは、単独でも組み合わせても提供されますが、

提供される時間はそれぞれ決められています。

具体的な内容やサービスの提供時間は、本人やご家族の

要望を聞いたうえで作成したケアプランに基づき、

訪問介護事業所との話し合いで決められます。

ただし、ここで注意してほしいのが、掃除や洗濯、調理などの

「生活援助」を提供できるのは、援助を必要とする本人に

対してのみとなっていることです。

掃除を行えるのは、あくまで利用される本人の部屋や、

トイレなどの共用部分に限られますし、洗濯や調理も、

本人のみに対してのサービス提供です。

「ついでに、家族の分も洗濯してほしい。」

「家族の分まで多めに調理をしてほしい。」

などは、介護保険制度上認められていません。

そして、この「生活援助」「身体介護」の二つに分類されない

「話相手になってほしい」

「通院の間、診察が終わるまで病院で待っていてほしい」

「一緒に散歩に行ってほしい」などは、介護保険制度では

原則ヘルパーに頼んでもできないことになっています。

「一緒に散歩」ができるのは、歩行が不自由で介助が必要な場合など、

「ヘルパーの同行が必要」とケアプランに記されている場合です。

買い物については、「調理」がケアプランに盛り込まれており、

そのために必要な材料を買うのはOKですが、

「洗剤が切れているから来る途中で買ってきて」

などのケアプランに明記されていないイレギュラーなお願いは、

原則頼めません。

同様に、「郵便物を出してきて」「銀行でお金をおろしてきて」

「新聞を代読して」などの「代行サービス」も、原則としてできません

(利用者の心身が不自由で身体障害者として認められている場合などは、

この限りではありません)。

・住んでいる町によっても違うヘルパーの支援範囲

ヘルパーの支援内容は、利用者の心身の状況や家族の有無、生活環境など、

総合的に判断して決められるため、

「Cさん宅ではやってもらえるのに、Dさん宅ではできない」、

ということもよくあります。

実は、どこまでがヘルパーの支援範囲なのかは、制度をつくった

厚生労働省はおおざっぱにしか決めていません。

そのため、市区町村(保険者=介護事業所に開設指定を与えている)

ごとにマイナールールがある場合があり援助を行える同居家族

がいると認められる場合、生活援助は原則NGの町もあれば同居家族が

いる場合でも、個々の事情を鑑みて柔軟に対応してくれる町もある

というわけです。

事業所やヘルパーはある程度選べても、住んでいる町を引っ越すわけには

いきません。

もし、「やってもらえないこと」について不満がある場合は、

まずはケアマネジャーに相談し、それが市の条例などで定められている

「ルール」であるなら、なぜそう決まっているかなど、

行政に突っ込んで確認することもできます。

・そもそも生活援助の中身ってなに?

生活援助の中心となるのは、

・食事の支度(調理)、配膳、後片付け

・本人が日常着用している衣類の洗濯

(干す、たたむ、しまう、必要に応じてアイロンがけなど)

・本人が寝起きしている布団を干す、シーツやタオルを換える

・本人が日常使用する部屋(寝室、茶の間・リビングなど)や浴室

・洗面所・トイレの掃除などです。

3.ヘルパーにやってもらえないことはこんなにある!

「日常的な家事」と「非日常の家事」とはどんなものでしょうか?

ヘルパーができる生活援助の目安は、

「本人に直接かかわることで、本人では行うことが困難で、

それがなされないと日常生活に支障が生じること」

に限られます。

さて、では以下の家事は、ヘルパーにやってもらえるしょうか?

窓拭き、換気扇の掃除、キッチンの排水溝の掃除、

ベランダの掃除、床のワックスがけ

電球の取り換え、家具の入れ換え、大量のごみの処分、修理・修繕

、車の洗車

・庭の掃除、植木の水やり、草むしり、ペットの世話

・手の込んだ料理、おせちなど特別な料理

・年賀状などの代筆、公共機関への支払い・銀行でのお金の引き出し

などの代理人行為

・来客の応対

布団干し、おしゃれ着の手洗い、アイロンがけ

上記のうち、ヘルパーができるのは、窓拭きと電球の取り換え

それもご本人がいつも使う居室ならOKでしょう。

ほかには、毎日使う布団を干す、最低限のアイロンかけくらいです。

あとは基本的にはNGです。(「安心介護」参照)

アラ還の独り言

何でも、してあげたいと思うヘルパーさんも、いれば、ピシッと

断れるヘルパーさんも、おられます。

孫さんが、自閉症で、介護される側で、近くに住んでおられる、

おばあさんが、毎日、孫の事が心配で、お薬を飲んでるか、

食事をしているか、など、ヘルパーの様子を見にこられるケースが

有りました。

まるで、毎回、嫁いびりです(笑)

私は、幸い、その経験は無かったので、こういうのを嫁いびりと

いうんやろうなと私は楽しめているのですが・・・

その方も高齢ですので、同じ話を何回もされます。

自分の作り方でないと嫌なので、包丁を私から取り上げて、

「あんたの為になるから、教えてやるねんで」

と切り方から教えて下さいます。

「ありがとうございました」「わざわざ、ありがとうございます」と、

お礼をお伝えします。

ご気分を損ねたら頑固な、おばあさんなので説教が始まったら、

帰れなくなります・・(笑)

そうなると、次の訪問に遅刻してしまいます。

「あんたには、あの高い所にある、換気扇の掃除もして貰いたいと

思ってるねん。」とも言われました。

このブログを調べて書いていて、「換気扇の掃除」をしてはNG

書いてたので安心しました・・(笑)

おばあさんも寂しいんやろうなと思うので、なるべくお話を聞いて

相づちは、出来るだけ打って納得して頂けたらと思う気持ちが有ります。

そうしてると、1時間でする事が、沢山有るので、時間は直ぐに

超えてしまいます。

訪問ヘルパー、介護士あるある、たくさん有ります。

また書いていきたいと思います。

今日に出逢った皆さんに感謝です。そして、私にも、ありがとう。

TO BE CONTINUED・・・

続く・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする